• 記事を書くのが遅くて完成までに時間がかる
  • 作業手順がわからず何度もやり直しになる
  • 効率的に速く記事を書いて稼ぎたい

記事を書くスピードを速くするには下準備と手順が重要です。

何もせずにいきなり記事を書き始めると、情報不足でまとまりのない記事しか書けません。せっかく書いても、全て書き直しになっては意味がありません。

なかじ
16年間記事を書いている僕でも、準備なしでは失敗します。

高品質の記事を速く書きたければ「準備8割、本文2割」しっかり事前に用意をしてから執筆を始めましょう。

この記事ではブログ初心者向けに、速く書く方法を解説します。紹介内容を実践すれば、迷いなくスラスラと高品質な記事が書けるようになります。

高品質な記事は検索で上位表示できるため、稼げるブログを作ることができます。

高品質なブログ記事を速く書く方法【7つ】

ブログ記事を書くときは手順をしっかり考え、何度も同じ工程を繰り返すことでスピードが上がります。

ここではスムーズに速く記事が書けるよう、初心者向けに7つの手順を紹介します。

  1. 書くことを習慣化する
  2. 記事を書く前に勉強する
  3. キーワード設定する
  4. ペルソナ設定する
  5. 構成と見出しを考える
  6. スピード優先で本文を書く
  7. 記事作成の手順を決める

7つの手順を実行することで、今までバラバラだった思考がスッキリと整理されて、高品質な記事が速く書けます。

ブログで稼ぐにはSEOライティングが必須です。

SEOライティングとは、Googleに評価される記事を書いて、検索結果で上位表示させることです。自分の書きたいことを自由に書く、普通のライティングとは異なる手法です。違いを意識して書くようにしましょう。

検索結果で上位表示させたければ、下記の3項目が必要です。

  • キーワード選定
  • 検索意図を考える
  • 記事内容の一致

これを前提に記事を書かなければ、上位表示されません。

今回のテーマは「記事を速く書く方法」なので、SEOライティングについて詳しく説明していません。興味のある人は、下記の動画を参照してください。

①書くことを習慣化する

初心者が記事を速く書くためには、まず慣れることが重要です。

今まで記事を書いたことがないため、記事を速く書くのはハードルが高い。まだ数記事しか書いたことがない人は、書くスピードが遅いのは当たり前です。

能力の問題ではなく、単なる経験不足からくるもの。逆に言えばある程度の経験を積めば、記事を速く書くことは可能です。

何記事くらい書けばよいですか?と質問されますが、人によって違うので一概には言えません。

なかじ
僕は目安として30~50記事と考えています。

「初心者は慣れるために100記事書け」と聞きますが、これもあくまで目安。

否定はしませんが、かなりの時間が必要なのでもったいないです。100記事書いても、必ず成果が出るという根拠がないからです。

30~50記事くらい書けば記事を書くことにも慣れ、稼ぐこともできます。

記事を書くことに慣れるためには、習慣化がポイントです。

自分の気分が乗ったときに記事を書こうとすると、いつまでたってもブログは完成しません。毎日決まった時間に、記事を書きましょう。

なかじ
毎日決めた時間に作業して習慣化!

もちろん記事の品質も大切ですが、初心者が高品質な記事を速く書くのは難しいです。

ブログで収益を出すなら、まず記事を書くことを習慣化する。そして30~50記事書いて経験を積んでください。

②記事を書く前に勉強する

記事を速く書くには、始める前に勉強して知識を身に付けることが重要です。知識がない状態では内容が決まらず、調べながら書くためスピードが落ちます。

事前に勉強して記事を書く人は本当に少ない。時間がかかるわりには低品質の記事となり、読者に読んでもらえません。

なかじ
結果的にいつまでたっても稼げません。

記事を書く工程は、料理の手順と似ています。

  1. レシピを確認:作業工程の確認
  2. 材料を買う:勉強して知識を付ける
  3. 調理する:記事を書く

初めて作る料理なのに、レシピも見ずいきなり調理を始めれば、失敗する確率も上がります。

ブログの記事も同じです。作業工程を考えず勉強もせずに記事を書き始めれば、記事を書くのが遅くなるのはもちろん、良い記事は書けません。

十分な知識が頭に入っている状態ならば、読者に役立つ記事をスピーディーに書けます。

なかじ
事前勉強がスピードアップの鍵です!

初心者の質問に答える知識が必要

記事を書く前に、最低限の知識をインプットしておく必要があります。最低限の知識とは、初心者に質問されたときに何も調べずに答えることができるレベルです。

例えば不動産ブログで記事を書くとき、不動産の知識は最低限必要です。

  • 不動産購入の流れ
  • 相場の値段
  • 土地の価値
  • 住環境のポイント
  • 不動産の探し方・選び方
  • 住宅ローンの組み方
  • 売買契約について

最低でもこのような知識が頭にあり、説明できないとダメです。

家の購入を検討している夫婦が、不動産屋で社員に質問したとします。しかし、この社員は質問に答えられず、ネットや本で慌てて調べています。

知識のない素人のような社員から家を購入したいと思いますか?失敗するのは嫌なので、違う不動産屋を探しますよね。

なかじ
知識がないと信用されません。

ブログも同じで知識がない人が記事を書いても、そこから買おうと思う人はいません。読者は離脱して、違うサイトに行きます。

読者は同じものを買うにしても、専門知識をしっかりと持った人から情報を得て、納得して購入したいのです。

読者が記事を読めば、素人が書いた記事かどうかわかります。

素人は複雑な内容を理解せずに、そのまま書くのでわかりづらい。専門家は誰が読んでもわかりやすく書き、自分の体験談も交えて説明してくれます。

読者は理解しやすい専門家の記事を好むので、知識をつけて記事を書きましょう。

なかじ
ブログで稼ぎたければ、勉強は必須です。

本やネットで勉強する

知識を得るための勉強方法は、本やネットを利用してください。

僕は個人的には本がおすすめです。

ネットだと自分がどのくらいの量を勉強したのかわかりづらいです。本なら何冊読んだのか数えられます。

例えば、不動産購入の本を10~20冊読むと、基礎知識はしっかりと頭に入ります。この知識を利用すれば、読者に役立つ内容の濃い記事が書けます。

勉強したいテーマの本やネット情報がない場合は、違うテーマをおすすめします。

知識を学べないテーマでは良い記事は書けませんし、ブログで稼ぐこともできないためです。

例えば「引っ越し」がテーマだと、本やネットで勉強は難しいです。引っ越し専門会社で働いた経験があり、知識があれば問題ありません。

ブログのテーマは勉強できる分野を選びましょう。

なかじ
急がば回れで先に知識をインプット!

高品質な記事を速く書く方法の中でも、事前勉強して知識を持つことは重要です。

記事を書きながら途中で調べることなく、一気に書けるのでスピードアップ。情報も頭に入っているので、高品質な記事を書くことも可能です。

稼ぐ人がやっている勉強方法は次の動画で解説しています。

③キーワード選定をする

キーワード選定はSEOライティングの基本で、とても重要です。記事を書く作業は、全てキーワードを基準に考えられているためです。

キーワード選定をすると下記のようなメリットがあります。

  • ライバルのレベルがわかる
  • 検索意図が理解しやすい
  • 構成や見出しに入れるとわかりやすい
  • 記事がブレずに書ける
  • SEO対策にもなる

キーワードがないと、誰に向かって何を書くのか決まりません。またキーワードなしで適当に記事を書いても、読者に読んでもらえる品質の記事を書くのは困難です。

キーワードを設定すればGoogleに記事の内容を伝えられるので、SEO対策にも有効です。

このようにキーワードを基準に記事を書くことで、品質の高いブログ記事ができるのです。

なかじ
キーワード選定を失敗すると稼げません。

キーワード選定をするには、下記の手順が必要です。

  1. 月間検索数を調べる
  2. サジェストキーワードを取得
  3. キーワード候補を決める
  4. ライバル調査

キーワードを調査することで、検索需要やライバルの強さがわかります。また上位表示されている記事を読めば、検索意図も理解できます。

なかじ
SEOライティングでキーワード選定は必須です。

ブログで失敗しない実践的なキーワード選定については、次の動画で解説しています。

④ペルソナ設定する

ペルソナとは、読者のターゲットを細かく絞り込んだ人物像です。ペルソナを設定すると記事が書きやすくなり、読者の心に刺さる記事が書けます。

細かい人物像がわかれば、その人がどんな悩みを抱え、何を解決したいのか、答えを書くことが可能。

例えば「20代の料理好きの女性」これはペルソナではなく、ターゲットです。

ターゲットだけでは情報が少なすぎて人物像がぼんやりしているため、文章を書きにくい。20代の料理好きの人だけという情報では、何を考えているか想像できません。

このターゲットをペルソナに変換してみます。

  • 29歳女性のOL 
  • 3年前に転職
  • 趣味はネットショッピング、旅行、料理
  • 6年付き合った彼氏にプロポーズされて、もうすぐ結婚
  • 夢は専業主婦、子供二人
  • 結婚後は3年以内にマイホームを購入予定
なかじ
これがペルソナ設定です!

これだけ細かく人物設定すると、検索意図がわかりやすくなります。彼女が何に興味があり、どんなことに悩んでいるのか、想像が付きやすいためです。

このペルソナ向けに料理レシピを書く場合、下記の項目が予想されます。

  • 仕事が忙しそうなので時短料理が役立つ
  • 婚約者が好きそうなレシピを探している
  • 旅行好きなので地方の美味しいものをすすめる
  • マイホーム購入のため節約中、安いレシピがよい

「20代の料理好き女性」というターゲットよりも、ペルソナの方が細かく提案することが可能。相手の心に刺さる記事を書けます。

またペルソナ設定は顔が思い浮かぶくらい絞り込むのがコツ。

次の8つの項目を考えると上手く想像できます。

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 趣味
  • 家族構成
  • 悩み
  • どんな生活か

もしペルソナの設定が難しい場合は、ターゲットに近い知り合いを思い浮かべるのもおすすめ。

知り合いなら性格、喋り方、リアクションが分かるのでイメージしやすく、文章が書きやすいためです。

なかじ
芸能人を思い浮かべてもOK!

ペルソナを設定すると記事が書きやすいので、執筆速度も上がります。また読者の心に刺さる文章が書けて最後まで読んでもらえるのでSEOにも有利です。

ペルソナ設定でブログ記事を上達させる方法は、下記の動画で解説しています。

⑤構成と見出しを考える

高品質なブログ記事を速く書くのなら、先に構成を考え見出しを作るのが大切です。

頭の中の情報を整理すると、読者にわかりやすい記事をスラスラと書けるためです。

構成と見出しを考えずに記事を書き始めてしまうと内容がブレてしまい、低品質な記事となります。読者は読みづらい記事をすぐに離脱します、SEO評価も下がるので気を付けましょう。

マインドマップでアイデアを整理

記事を書き始める前は、知識とか内容がバラバラの状態。いきなり文章を書き始めても、絶対に上手くいきません。

アイデアを整理するには、マインドマップのxmindがおすすめ、無料ツールですごく使いやすいです。

コツは初めから完成させようと思わず、まずは思いついたことをマインドマップに書くこと。新しいアイデアをどんどん追加しながら、頭の中の情報整理をします。

僕は、記事構成と内容の概要までマインドマップで作業します。

内容の概要まで決まったら、後はそれに従って文章を書くだけ。文章を書いている時間は実質全体の2割程度です。

構成と見出しが決まれば、記事は8割完成しています。

なかじ
マインドマップでアイデア整理をする。

検索意図から記事構成を考える手順は、下記の動画で説明しています。

見出しはSEOにも重要

見出しを考えずに書き始めると、途中で書く順番を間違えたり、足りない情報が出てきたりします。何度も書き換えたり調べものをするので時間がかかります。

見出しを先に作れば、記事の内容がブレてしまうこともありません。

なかじ
読者もわかりやすい記事を読みたいです。

ブログ初心者にはWordPressの管理画面を開き、いきなり文章を書き始める人がいますが、絶対に上手く書けません。一部の天才なら可能かもしれませんが、プロでもしない書き方です。

ブログ記事を書くときには、何をどんな順番で書くのか、内容に不足はないのかを確認します。この時点で見出しを作成すれば記事は一気に書けるので、作成速度も上がります。

見出しを作って情報を整理すると、読みやすいので最後までスイスイ読んでもらえます。結果的に読者満足度が上がるので、Googleから良い評価がもらえ上位表示も可能です。

また見出しにキーワードを入れるとGoogleに記事の内容を伝えることもできるので、SEO対策にもなります。

なかじ
見出しがあれば、分かりやすい記事を速く書けます。

SEOと読者に好かれるブログ記事の見出しの書き方は、次の動画で説明しています。

⑥スピード優先で本文を書く

テーマの勉強、構成、見出しが決まったら、一気に本文を書きます。

このとき記事の完成度よりも、スピード優先で書いてください。細かいことにこだわらずに、最後まで書きましょう。後で推敲するので、誤字脱字も問題ありません。

もし書きにくいコンテンツが出てきた場合は、そのコンテンツにこだわらずに、次のコンテンツを書いてください。

ひとつの箇所にこだわると、他の部分が進みません。つまずきそうな部分は飛ばして、最後まで効率良く書きましょう。

僕は1日で1.5~2万文字くらいを10時間で書きます。ブログを始めて16年経つので、人よりも書くのは速いと思います。

長文を速く書けるのは、構成と見出しを考え、頭の中を整理してから書き始めるためです。

なかじ
本文はスピード重視で、一気に書き上げる!

⑦記事作成の手順を決める

記事を速く書くには、記事を書く手順を決めることが重要です。何の作業をどんな順番で行うのかを決めることで、無駄が減り作業スピードが上がります。

作業工程の体系化に正解はありません。人によってやりやすい順番は違うので、自分に合う作業工程の手順を考えてください。

初心者は自分で決めるのは難しいと思うので、僕の記事を書く工程を紹介します。

  1. 狙うキーワードを決める
  2. 上位記事を調査する
  3. 仮タイトルを考える
  4. 構成と見出しを作る
  5. 本文を書く
  6. 推敲する
  7. 装飾する

ブログのジャンルとテーマを決めて、サイト設計と勉強をした後の手順です。

記事を書くときはいつもこの手順を守ると、作業を忘れることもなく効率的に進めることができます。

なかじ
自分に合う手順を決めてください。

SEOに強いWebライティング方法の詳細は、下記の記事で詳しく解説しています。

ブログ記事を速く書く注意点【3つ】

ブログ記事は、書いて投稿しただけでは読者に読まれません。どんなに頑張って書いた記事でも、初めから完璧に記事を書ける人はいないからです。

そのため記事を書いた後は、下記の3つをチェックしてください。

  1. 記事の推敲を行う
  2. 読者の疑問を先読みする
  3. 定期的な記事のメンテナンス

この工程を取り入れるだけで記事の完成度は高くなり、SEO評価も上がり上位表示が可能となります。

記事を書いたままでは誰にも読まれず、ブログでは稼げません。ひと手間かかりますが、上位表示させたければ必ず実行しましょう。

①記事を書いた後に推敲する

推敲(すいこう)とは、文章をよくするために見直すことです。

文章を書くのが遅い人は、書きながら推敲している人が多いです。そのため書くスピードは格段に遅くなります。

推敲は記事が書きあがった後にまとめてすると、速く記事が仕上がります。

仮に冒頭で書くのにつまずいてしまうと、残りは全く手付かずの状態になります。時間だけが経過して、記事が完成しません。

なかじ
完成度を高くするのは記事を書き終わってからでOK!

最初に決めた構成と内容で、最後まで書ききりましょう。

推敲は読者にわかりやすく、読みやすい文章を提供するために行います。読者が最後まで記事を読んでくれれば、SEO評価も上がり上位表示も可能です。

読みやすいブログ記事の書き方は下記の記事で解説しています。

②読者の疑問を先読みする

記事を推敲するときに、必ずして欲しいのは「先読み」です。読者の不安や疑問を先読みして記事が書ければ、完成度は一気に上がるためです。

ポイントは一文一文読者の気持ちを先読みすること。

記事を全部読み終わった読者がどう思うかではなく、一文ごとに読んだ読者がどう思うか、全ての文章で確認します。読者の不安や疑問は、一文ごとに変化するためです。

文章を読んだ読者が疑問に思うような箇所には、先に読者の疑問に対する答えを書くのが重要です。

なかじ
先読みのコツはネガティブな声に耳を傾けることです。

基本的にポジティブな声は先読みする必要ありません。何もしなくても読者は満足しているためです。

読者が記事を読んで、下記のような気持ちになるときは要注意です。

  • 面白くない
  • 読みづらい
  • 意味がわからない

このようなネガティブな反応になりそうな箇所には、丁寧に答えを書いてあげましょう。

ペルソナ設定をしっかりと行い、読者がどんな気持ちになるのかを考えるのが大切です。読者の気持ちが先読みができると、離脱されるピンチが最後まで読んでもらえるチャンスに変わります。

なかじ
先読みは読者満足度を上げ、ブログの収益にも繋がります。

先読みライティングの詳細に関しては、次の記事で詳しく解説しています。
» ブログで満足度を上げる先読みライティング

③定期的にメンテナンスする

記事を書いた後には、メンテナンスが必要です。

メンテナンスをせずに記事を放置すると、上位表示されないためです。その結果、どんなに良い記事を書いても読者に読まれません。

記事を定期的にメンテナンスするメリットは次の3つです。

  • 記事の品質が上がる
  • SEO対策に効果的
  • 上位表示が可能

初めから完璧な記事を書くのはプロでも難しいです。時間をおいて記事を確認することで、記事の品質が良くなります。

記事の品質が良くなると、読者の満足度も上がり最後まで読んでもらえます。

またGoogleは検索順位を決めるときに、記事の更新頻度もチェックしています。そのため定期的なメンテナンスはSEO対策にも効果があります。

2~3ヶ月毎に定期的な記事のメンテナンスをおすすめします。

なかじ
定期的なメンテナンスは読者の満足度とSEO対策に有効!

記事の定期的なメンテナンス方法については、下記の動画で解説しています。

記事を速く書く方法は準備と手順が大切

記事を速く書くには事前準備と、作業の手順が重要です。下準備次第で記事を書く速さと品質が決まるため「下準備8割、本文2割」を覚えておきましょう。

下記の7つの方法を実行すれば、驚くほど記事を書くスピードが上がります。

  • 書くことを習慣化する
  • 記事を書く前に勉強する
  • キーワード選定をする
  • ペルソナ設定をする
  • 構成と見出しを考える
  • スピード優先で本文を書く
  • 記事作成の手順を決める
なかじ
文章を速く書いて、仕事効率アップ!

記事が遅いと悩んでいる人、作業工程がわからない人はぜひ参考にしてください。

この方法は記事を速く書くだけでなく、品質向上にも繋がります。結果的に、効率良く高品質のブログ記事を作ることができ、収益に繋がります。

また余った時間でSEO対策をすれば、上位表示も可能です。

初心者向けの絶対にやるべきSEO対策まとめは、下記の動画で解説しています。

この記事の筆者
なかじ(中島大介)
名前:なかじ(@ds_nakajima)

株式会社メリルの代表取締役。ブログとアフィリエイトで月1000万円達成。

ブログ、アフィリエイトに関してはYouTubeチャンネル「ウェブ職TV」でも情報発信しています。

2019年5月には子育ての悩みを産婦人科医や保育士などの専門家に無料相談できる「子育て相談ドットコム」をリリース。

ブロガー、アフィリエイターのためのコワーキンスペース「ABCスペース」を名古屋でオープンしました。