ブログやアフィリエイトをやっている人の多くは、読者に読まれる前提で記事を書いています。

思い当たる節がある人も多いのではないでしょうか。読まれる前提で書いた文章は読まれないし、SEOでも上位表示されません。

当記事では、最後まで読まれる文章を書くために重要な「3つのNOT」について解説します。

なかじ
最後まで読まれる記事は、SEOで上位表示できます。

読者が最後まで読んでくれる記事は、検索エンジンにも評価され、SEOでも上位表示が可能です。

ここで解説する内容を理解し実践できれば、読者にも検索エンジンにも好まれる質の高い記事を書けます。

3つのNOTについては以下の動画で詳しく解説しています。

読者は記事を読まないことを認識する

いくら頑張って質の高い記事を書いても、読者は読んでくれません。

検索エンジンからブログにアクセスしてきたユーザーは、まともに文章を読まないからです。読者は、上から下まで適当にスクロールして、記事を読み飛ばします。

また、アクセスしてもすぐに検索結果に戻ったり、途中で離脱するのは当たり前のことです。

なかじ
読み飛ばしや離脱を避けるために重要なのが「3つのNOT」です。

3つのNOTとは

3つのNOTとは、以下です。

  • 読まない
  • 信じない
  • 行動しない

「読まない」「信じない」「行動しない」を合わせて「3つのNOT」と呼びます。

そもそもユーザーは文章を読んでいないし、読んだとしても信じないし、信じたとしても行動しないということ。

そのため、何も考えずに文章を書いてるだけでは、誰にも読まれません。この「3つのNOT」の壁をクリアすることが、ライティングにおいて重要です。

なかじ
読者に読んでもらうためには「3つのNOT」の壁をクリアする必要があります。

①読まない壁

1つ目のNOTは「読まない壁」です。

一番重要なことは、文章を読んでもらうこと。そもそも文章を読まれなければ、どんなに役に立つ内容が書かれていても意味がありません。

ブログの場合は、図解や箇条書き、吹き出しを使うなど、読ませるテクニックがたくさんあります。

  • 図解
  • 箇条書き
  • 吹き出し

読者が「読まない壁」をクリアするためには、「読ませるテクニック」を駆使する必要があります。

なかじ
「読ませるテクニック」を駆使して、読者が「読まない壁」を打破しましょう。

読まない壁をクリアする方法

読まない壁をクリアするためには、結論を書いたあとに理由を書きます。これはWebライティングの大原則です。

ユーザーは、基本的に結論がわからない文章を読みません。ここが小説や映画との大きな違いです。

ユーザーが知りたいのは結論です。その結論が自分の納得いく内容だったり、意外なものであれば、続きのコンテンツを読んでくれます。そのため、最初に結論を持ってくることが重要です。

また、文字だけで画面を埋めない工夫も必要です。

今は、全ての年代で約半数の人が月に1冊も本を読まなくなっています。本を読まなくても、ネットやYouTubeを使って、簡単に情報を入手できるからです。

文字を読む習慣がない人がほとんどなので、文字だらけの記事を敬遠するユーザーが多いです。スマホの1画面が文字だけで埋まっているような記事は離脱されます。

なかじ
スマホの1画面を文字だけで埋めない工夫をしてください。

離脱されないコツは、文字以外の要素を含めること。最近では、ユーザーのほとんどがスマホでアクセスするため、記事を書いたら必ずスマホで確認してください。

文字以外の要素とは、以下のようなものです。

  • 箇条書き
  • 吹き出し
  • イラスト
  • 図解

これらを使うことで文字の量を減らすことができるため、読者のストレスも軽減されます。

文字以外の要素を使った読みやすい記事の書き方については、以下の動画で詳しく解説しています。

②信じない壁

2つ目のNOTは「信じない壁」です。もし記事を読んでくれたとしても、ユーザーは信じません。

  • その口コミは捏造ではないか
  • 本当に最新情報が書かれているのか
  • 本当に根拠がある正確な情報なのか

上記のように、読者は不安を抱えています。

「信じない壁」を越えられるかは、大きな分岐点です。ブログやアフィリエイトで結果が出ている人は、ほぼ例外なく「信じない壁」を越えています。

逆に、結果が出てない人は「信じない壁」を越えられてません。「信じない壁」を越えられないということは、SEOでも上位表示できず、収益も上がらないということです。

なかじ
「信じない壁」を越えられなければ、SEOでも上位表示できず稼げません。

つまり、ブログやアフィリエイトで結果を出すためには、「信じない壁」を越えることが重要です。
» 初心者でも稼げる超特化ブログの作り方

信じない壁をクリアする方法

「信じない壁」をクリアする一番いい方法は、疑う余地のないエビデンスを提示すること。エビデンスとは根拠のことです。

ブログがうまくいかない人は、根拠が圧倒的に足りません。うまくいっている人は、いい記事を書くためにライティングよりエビデンスを作ることに時間とお金をかけることが多いです。

なかじ
事実かどうかではなく、第三者がそれを信じてくれるかどうかが重要です。

例えば、ダイエットで痩せた証拠として、ビフォーアフターの写真を載せることがありますが、これだけでは不十分です。

もちろん、何もないよりはマシですが、説得力に欠けます。

今は写真の加工もできるので、痩せているときに撮っていた写真と入れ替えて載せているのではないかと、読者は考えます。

重要なのは、疑いの余地のないエビデンスを示すこと。ビフォーアフターの写真ではなく、動画で痩せていく過程を撮って見せることも有効です。

他にも、日付の入った写真を毎日撮って、痩せていく過程を見せるのもおすすめです。

それだけで、ユーザーが信じて商品を買ってくれるわけではありませんが、単純にビフォーアフターの写真を見せるよりも、信頼度が高くなります。

なかじ
第三者が信じてくれるエビデンスを提示しましょう。

「信じない壁」をクリアするときに、ブランディングもかなり重要です。つまり、誰が記事を書いているのかということ。ブランディングがあると、信頼度はかなり上がります。

例えば、僕の場合は2005年から15年間アフィリエイトをしています。そして、アフィリエイトで月1,000万円を達成することができました。

アフィリエイトだけではなく、ASPや広告代理店で3年以上働いていた経験があります。このようなブランディングも、かなり強いです。

ここ1~2年でアフィリエイトを始めて月100万円稼いだ人よりも、おそらく僕の方が信頼度が高いのではないでしょうか。

「信じない壁」を越えさせるときは、このようにブランディングを作って、読者に伝えることが重要です。

なかじ
「信じない壁」をクリアするには、ブランディングも重要です。

③行動しない壁

3つ目のNOTは「行動しない壁」です。

ユーザーは記事を読んで信じてくれたとしても、行動してくれません。「また後で申し込めばいいか」と後回しにするユーザーが本当に多いです。これは、アフィリエイトにおいて致命的です。

後回しにして離脱された場合、ユーザーは公式サイトから申し込みます。

わざわざ自分のサイトにもう1回戻ってきて、申し込んではくれません。そのため、後回しにせず、その場で申し込んでもらうことが重要です。

なかじ
後回しにせず、その場で申し込んでもらうことが重要です。

ただ「行動しない壁」は、2つ目の「信じない壁」を徹底的にクリアすることで、自然とクリアすることもあります。

行動しない壁をクリアする方法

「行動しない壁」をクリアする方法は、今すぐに買わなければいけない理由をアピールして、背中を押してあげること。

例えば、「いつまでに申し込まないと損をする」という「緊急性」をアピールします。その他には、「早く申し込まないと申し込めなくなる」という「限定性」を伝えてあげましょう。

ユーザーが行動を後回しにしないように、対策してください。また、ユーザーの不安要素を取り除くことも重要です。

ユーザーは以下のように、さまざまな不安を抱えています。

  • 運営会社は大丈夫か
  • 解約はできるのか
  • 自分が買っても本当に使えるのか
  • 無理なセールスはされないか

このような不安をそのままにしてしまうと、「行動しない理由」になってしまいます。そのため、記事内でユーザーの不安を徹底的に取り除いてあげることが重要です。

なかじ
ユーザーの抱えている不安要素を取り除くことが重要です。

【まとめ】ライティングを劇的に変える3つのNOT

今回は、「3つのNOT」について解説しました。

「3つのNOT」とは、読者は文章を「読まない」「信じない」「行動しない」ということ。

SEO対策で上位表示して、いざ商品を売るというときには、この「3つのNOT」をクリアすることが重要です。

読まない壁をクリアする方法は、「結論→理由の順番で書く」「文字以外の要素を含めて読みやすくする」。

信じない壁をクリアする方法は、圧倒的な根拠になるエビデンスを示す。

行動しない壁をクリアする方法は、今すぐ行動しなければいけない理由(緊急性や限定性)を伝える。

重要なのは、「そもそも自分の文章は読まれない」という認識を持つこと。いくら役に立つ内容を書いても、読まれなければ意味がありません。

なかじ
まずは、記事を読んでもらうことに全力を注いでください。

当記事で解説した「3つのNOT」を意識することで、ライティングは劇的に変わります。

「3つのNOTの壁」をクリアして、読者に読んでもらえる記事作成を目指し、ブログやアフィリエイトで結果を出してください。

この記事の筆者
なかじ(中島大介)
名前:なかじ(@ds_nakajima)

株式会社メリルの代表取締役。ブログとアフィリエイトで月1000万円達成。

ブログ、アフィリエイトに関してはYouTubeチャンネル「ウェブ職TV」でも情報発信しています。

2019年5月には子育ての悩みを産婦人科医や保育士などの専門家に無料相談できる「子育て相談ドットコム」をリリース。

ブロガー、アフィリエイターのためのコワーキンスペース「ABCスペース」を名古屋でオープンしました。