SEO対策で上位表示を狙いたいけれど、実際に何をすればいいかわからない人も多いはず。

SEO対策で重要なのは、記事内容と被リンクです。これは昔も今も変わりません。それに加えて、今のSEOで上位表示するためには、SXO対策が必須です。

当記事では、SXO対策で実践すべき5つのポイントを具体的に解説します。

ここで解説している内容を意識して記事を書けば、上位表示できるブログ記事の作成が可能です。

上位表示に必要なSXO対策について

今のSEO対策で重要なのは「SXO対策」です。

これまでのSEO対策は記事内容と被リンクが最も重要で、この2つの要素で上位表示できました。さらに、2016年頃からSXOが注目されています。

今はSXO対策ができていなければ、上位表示できません。

ここからは「SXOとは何か」「具体的に何をすべきか」を解説します。

SEOを簡単におさらい

まず最初に、SEOについて簡単に解説します。

SEOとは、検索エンジン最適化のことで、「Search Engine Optimization」の頭文字を取ったものです。

SEO対策は、検索エンジンの求めるサイトを作って、検索結果で上位表示するための対策です。

SXOとは

それに対して、SXOとは検索体験最適化のこと。「Search Experience Optimization」の頭文字を取ったものです。

先述したとおり、SXOは2016年頃から注目され始めました。では、検索体験とは何なのでしょうか。

検索体験とは

検索体験とは、ユーザーが「検索行動を始めてから終わるまでの一連の流れ」のことです。

具体的には次のような流れのことを指します。

  1. 目的があり検索エンジンを使用
  2. 検索結果から訪問先をクリック
  3. サイト内コンテンツを閲覧
  4. 検索した目的を達成、もしくは未達成

ユーザーは、目的があって検索エンジンを使用します。次に、検索結果から訪問先のサイトをクリック。そして、サイト内のコンテンツを閲覧します。

閲覧したコンテンツで、検索した目的を達成できたかどうか。この検索の一連の流れが、検索体験と言われるものです。

SXO対策とは、ユーザーが検索意図を満たすサイトやコンテンツを作ること。

なかじ
ユーザーのためのサイト設計が重要です。

SEO対策で大切なこと

SEO対策で上位表示するために必要なことを、簡単にまとめます。

  • 内部対策
  • 外部対策
  • SXO

1つ目は「内部対策」。これはサイト内に何が書かれているかです。

次に、「外部対策」。これは簡単に言えば、被リンクです。質の高い被リンクをたくさんもらっている方が、SEOで有利です。

3つ目は、ここ数年で重要度が上がっている「SXO」。

なかじ
SXOではユーザーを満足させることが大事です。

Googleを使っているユーザーが満足しなければ、Googleは使われなくなってしまいます。

そのため、自分が作ったブログや記事で最終的に読者が満足してくれると、Googleからの評価も高くなります。

SXO+被リンクで上位表示

今のSEOで上位表示するためには、「SXOと被リンク」が重要です。とはいえ、記事の内容やサイトの内容が何でもいいというわけではありません。

当然、使いにくいサイトや役に立たない・価値のない記事ではユーザーは満足してくれないので、SXOの評価は低くなり上位表示できません。

SXOで重要なU-R-A

SXOでは「U-R-A」が重要と言われています。「U-R-A」は次の3つの頭文字からとられています。

「U」は「ユーザビリティ(Usability)」。

ユーザビリティとは「操作性」のことです。簡単に説明すると、ユーザーが求める情報にスムーズにアクセスできることが重要です。

「R」は「レリバンス(Relevance)」。

レリバンスは「適合性」のことです。検索意図にマッチしたコンテンツが書けていることが大事。このレリバンスについては、SEO以外のネット広告でも、かなり重要なポイントです。

「A」は「オーソリティ(Authority)」。

オーソリティとは「権威性」のこと。例えば、「運営者がそのジャンルの第一人者である」または「権威性のあるサイトからの被リンクがあるかどうか」が重要です。

SXO対策の基本は、この「U-R-A」を高めること。つまり、「操作性・適合性・権威性」を高めることが重要だということです。

なかじ
SXO対策では「操作性・適合性・権威性」の3つを高めることが重要です。

SEO対策で重要なSXO対策5選

先ほど解説したU-R-A「ユーザビリティ(U)、レリバンス(R)、オーソリティ(A)」は、SXOの観点からも非常に重要です。

今回は、すぐに実践できるSXO対策5選を紹介します。わかりにくい部分はあるかもしれませんが、簡単に解説しているため、ぜひ参考にしてください。

①SSL化する

1つ目がSSL化です。

自分のブログURLが「https://」から始まっていれば、SSL化できています。これが仮に「http://」から始まっていたら、SSL化ができていません。

昔のサイトは「http://」から始まるものがほとんどでした。ただし、ここ最近はSSL化されたサイトが増えています。

なかじ
SSL化すると、サイトのセキュリティ性能が向上します。

要するに、個人情報が漏洩しにくいというメリットがあります。

SSL化は検索順位に影響します。これは、Googleが公表している情報です。つまり、「セキュリティが安全なSSL化されたサイトを優遇する」ということ。

ただし、実際にSEOに長年携わっている立場からすると、SSL化したことによって、サイトの順位が劇的に上がることはないです。また、SSL化していなければ、絶対に順位が上がらないというわけでもありません。

そうはいっても、Googleはセキュリティが安全なサイトを優遇します。

なかじ
読者も安心して使えるため、SSL化は絶対にやっておきましょう。

SSL化によりサイトの順位が上がった体験談

「SSL化しなければ、検索順位に影響が出る」ということをGoogleが公表。その後、多くのサイトが対応し、一気にSSL化が進みます。

僕自身もSSL化していないサイトがたくさんあったのですが、そのタイミングで少しずつSSL化を進めました。

僕の個人的な体験談なので根拠は全くないですが、SSL化したことによって順位が上がったサイトがたくさんありました。

大幅に順位が上がった事例はあまりなかったですが、少しだけ順位を上げたサイトが多かった印象です。例えば、5位のサイトが3位になったとか、3位のサイトが2位になったといったケースです。

SSL化との因果関係について確かめることはできませんが、SSL化することでSEOに良い影響が出たと僕は思っています。

SSL化は、レンタルサーバーの管理画面からボタンひとつで簡単にできて、料金もかかりません。

SSL化されていないサイトは、ブラウザによっては「このサイトは安全ではありません」といった警告が出ます。警告が出たらユーザーも心配になりますよね。

ユーザーに安心してブログを読んでもらうためにも、この機会にぜひSSL化してください。

なかじ
ユーザーに安心して読んでもらうためにも、SSL化してください。

②ページ表示速度を早くする

すぐにできるSXO対策の2つ目が、「ページ表示速度を早くする」ことです。ページ表示速度は、ユーザー満足度に大きく影響します。

ページ表示速度が3秒を超えると、離脱率が急激に上がるという研究結果が出ています。離脱率を下げるためにも、ページ速度はなるべく2秒以内に収めるのがポイントです。

サイトのページ表示速度を調べる方法はいくつかありますが、Googleが提供している「PageSpeed Insights」を使って調べてみてください。

ページ速度をスコア化し、数字で教えてくれ、改善点もアドバイスしてもらえます。

なかじ
離脱率が上がると、SEOにおいてマイナスになります。

なぜなら、ユーザーにとって価値がないブログだと、Googleに判断されるからです。

ユーザーが検索してブログにアクセスしたのに、0.5秒で検索結果に戻ったとします。そうなると、Googleから「ユーザーの悩みが解決できなかった=価値がない」と見なされます。

価値のないブログを上位表示しても仕方ないので、Googleはそのブログの順位を下げます。つまり、SEOにおいて評価を下げるということです。

ページ表示速度が遅いという理由で、ユーザーを離脱させないように注意が必要です。

なかじ
SEOで低評価を受けないためにも、なるべく長く読んでもらうことが大切です。

ページ表示速度を早くするプラグインを使う

ページ表示速度を早くするために、プラグインを使う方法があります。ここでは、WordPressにインストールするだけで、簡単に使えるプラグインを2つ紹介します。

  • WP Fastest Cache
  • EWWW Image Optimizer

1つ目がキャッシュ系の「WP Fastest Cache」というプラグインです。

詳しいことは割愛しますが、キャッシュを利用するとページ表示速度が早くなります。「WP Fastest Cache」を導入するだけで、簡単にキャッシュを導入可能です。

2つ目が「EWWW Image Optimizer」。画像定量化プラグインです。

画像の重さは、ページ表示速度に大きく影響します。サイズが大きい・容量が大きい画像を記事内でたくさん使うと、ページ表示速度が遅くなります。

そのため、画像はなるべく軽量化することがポイントです。

画像軽量化プラグインを入れておくと、 WordPressの管理画面に画像をアップロードしたときに、自動的に軽量化してくれます。

今回紹介した2つのプラグインは、入れておいて損はありません。

ただし、既に他のキャッシュプラグインや画像軽量化プラグインを導入している場合は注意が必要。同じようなプラグインを入れると、プラグイン同士が干渉し合って、動作に影響を及ぼすことがあります。

なかじ
同じようなプラグインを入れると、動作に影響を及ぼすことがあるので要注意してください。

③導線設計(サイト設計)

すぐにできる SXO対策の3つ目が、「導線設計(サイト設計)」。導線設計とは、読者が求める情報にスムーズにアクセスできるようにすることです。

先ほど説明した「U-R-A」のユーザビリティ(操作性)と導線設計は、深く関わっています。

なかじ
実際に検索結果を見ると、読者が知りたい情報にアクセスできないブログが多いです。

例えば、トップページに複数の記事が並んでいるブログは、ユーザビリティや導線設計においてマイナスです。

なぜなら、ユーザーは知りたい情報があるのに、一覧で並んだ記事を順番に読んでいくしかないからです。

つまり、求めている情報になかなか辿りつけないということ。ユーザーにとって読みづらいだけなので、このようなブログはNGです。

ユーザーが知りたい情報に辿りつけるブログを作るコツは、トップページから全てのページに、3クリック以内でアクセスできるようにすること。

なかじ
Webの世界では有名な「3クリックルール」に基づいた話です。

ただ、この3クリックルール自体は諸説あり。「別に3クリックルールを満たしていなくてもいい」「3クリックルールは神話」という説もあります。

しかし、僕は3クリックルールをある程度信用しています。というのも、なるべく少ないクリック数でさまざまなページに到達できる方が、圧倒的に使いやすいからです。

3クリックで、ブログ内のあらゆるページにアクセスできる設定にすることが理想です。

1クリックルール

「3クリックルール」と似たようなもので、「1クリックルール」というものがあります。これは、1クリックで全ページにアクセスできるようにするという意味ではありません。

なかじ
1クリックごとに、目的のページに近づいていくことが重要という考え方です。

事前にサイト設計する

ユーザーが求める情報にスムーズにアクセスするためには、事前にサイト設計をする必要があります。サイト設計せず、とりあえず記事を書き始めるというのはNGです。

いきなり記事を書き始めてしまって、後からサイト設計するのはかなり難しく、手間がかかります。サイト設定に関しては、別の記事で詳しく解説しています。

なかじ
記事を書く前に、必ずサイト設計してください。


SEO対策に強いサイト設計方法については以下の動画でも詳しく解説しています。

④検索意図を満たす

4つ目が「検索意図を満たす」ことです。先ほどの「U-R-A」のところでレリバンス(適合性)について説明しましたが、検索意図を満たしたコンテンツを書くことが重要です。

SEOにおいても、検索意図を満たしたコンテンツが上位表示されるアルゴリズムになっていますが、SXOにおいても大事です。

なかじ
検索意図を網羅的に盛り込むことが重要です。

例えば「青汁」というキーワードの検索意図は無数に考えられます。具体例を挙げると、以下のような想定ができます。

  • おすすめの青汁を知りたい
  • 他には青汁の効果を知りたい
  • そもそも青汁が何か知りたい
  • 青汁の作り方を知りたい

このように、検索意図が無数に考えられるような、ビッグキーワードで記事を書くことは大変です。そのため、ビッグキーワードでのライティングは初心者にはおすすめしません。

検索意図をある程度絞るために、「複合キーワード」を使ってください。

例えば、「青汁 効果」のようなキーワードの場合、「青汁の効果を知りたい」という検索意図に絞られます。

深堀りすると、他にも検索意図は考えられますが、ビッグキーワードより複合キーワードの方が、圧倒的に検索意図が絞られます。

記事を書くときは、検索意図を網羅する必要があるため、検索意図が無数に出てくるビッグキーワードでのライティングは大変です。

何をどのような順番で書くのか考える必要があるため、当然記事も長くなります。

なかじ
重要なのは、読者が本当に目的を達成できることです。

例えば、「簡単に痩せる方法」というキーワードで上位表示を狙って、記事を書いたとします。

ほとんどのブログは、「ダイエット方法」に関する記事を書いているだけ。具体的には、「食事制限して適度な運動をすると痩せられる」といったコンテンツを書いているとします。

当然痩せられる方法なので、実践すれば痩せることは可能です。しかし、読者はそれを読んだところで満足しません。

なぜなら、痩せる方法として「食事制限して適度な運動すればいい」という情報は、誰もが知っていることだから。それができるなら苦労しないと思うはずです。

そもそも、食事制限や運動ができるなら、読者は悩みません。食事制限や運動について書いたうえで、具体的に悩みを解決できるコンテンツを用意してあげることが重要です。

読者ファーストと言われますが、まさにその考え方です。読者が最終的に満足しなければ、意味がありません。検索意図を盛り込んで痩せる方法を書けばいいというのは、完全に検索エンジンを優先した考え方です。

今のSEOで上位表示したければ、SXO対策が重要です。SXOにおいては、読者満足度を高めるのがポイントです。

なかじ
今のSEOで上位表示するためには、読者満足度を高めるのがポイントです。

検索意図を意識してSEOで上位表示する方法は以下の動画で解説しています。

検索行動が起こる4つの瞬間「マイクロモーメント」

ここで2015年にGoogleが提唱したマイクロモーメントについて解説します。

マイクロモーメントとは、検索行動が起こる次の4つの瞬間のことです。

  • Know 知りたい
  • GO 行きたい
  • Do 何かをしたい
  • Buy 何かを買いたい

要するに、「知りたい」「行きたい」「何かをしたい」「何かを買いたい」ときに、検索行動が起こるということ。

マイクロモーメントを参考に、「読者がどのような瞬間に、自分のブログにアクセスしているか」を考えます。

重要なことは検索キーワードから、検索の目的を知ること。この検索の目的を検索意図と呼びます。

読者の検索意図を満たす記事を書くことが、何より重要です。検索意図に応じた記事の書き方については、別の記事で解説しています。
» 検索意図に応じた記事構成の作り方

なかじ
検索キーワードから、検索の目的を知ることが重要です。

検索意図を考えるときの注意点

検索意図を考えるときの注意点について説明します。

それは、1キーワード1検索意図ではないということです。

初心者でよくあるのは、1つのキーワードで検索意図は1つだと勘違いしてしまうこと。

実際には、1つのキーワードでも検索意図は多岐に渡ります。そのため、記事ではたくさんの検索意図を満たすように、網羅的な内容を扱うことが重要です。

ただし、長文記事はNG。網羅的に解説すると長文になりがちですが、読者は長文を読みたくありません。

なかじ
複数の検索意図を満たすには、「まとめ記事」がおすすめです。

まとめ記事とは、トピックの内容を広く浅く網羅的に扱う記事のこと。

まとめ記事の書き方については、次の記事を参考にしてください。

まとめ記事については以下の動画でも詳しく解説しています。

初心者でも稼げる超特化ブログの作り方は以下の動画で解説しています。

⑤読みやすい記事を書く

5つ目は「読みやすい記事を書く」ことです。

当然ですが、読みにくい記事は読まれません。なぜなら、読みにくい記事をわざわざ読むメリットがないからです。読者からすると、すぐに離脱して別の読みやすい記事を探せばいいだけのことです。

上位表示するためには、読みやすい記事を書く必要があります。読みやすい記事を書くコツは、1ページを文字だけで埋めないこと。

文字だらけのページは読みづらいため、ユーザーはすぐに離脱してしまいます。活字を読むことが面倒だと思っている読者が多いため、離脱されないように注意してください。

なかじ
読者がすぐに離脱してしまうのは、SEOにおいてマイナスです。

記事を書いたときには、必ずスマホで確認しましょう。ほとんどの読者がスマホで記事を読んでいるため、読者目線で確認する必要があります。

1画面が文字だけで埋まらないようにするためには、文字以外の要素の使い方が重要です。

文字以外の要素とは、次の7つです。

  • 箇条書き
  • 吹き出し
  • 画像
  • 装飾
  • 背景

文字以外の要素を記事中でバランスよく使うことで、読みやすいブログになります。

読みやすいブログ記事の書き方については、以下の動画で詳しく解説しています。

「読み飛ばし対策」で記事の要点を伝える

ここでもう1つ考えたいのが、「読み飛ばし対策」です。読者は内容を読み飛ばします。

自分が何かの記事を読む時を思い出してください。上から下まで、1字1句、1文1文飛ばさずに読む人はいませんよね。

自分の読みたいところや気になったところでスマホのスクロールを止めて、そこだけを読む人がほとんどです。このように、読者は基本的に文章読み飛ばします。

よほど興味があるコンテンツでない限り、読者は読み飛ばすのが当たり前。内容を理解してもらうためには、読み飛ばしを前提に記事を書く必要があります。

読み飛ばして内容を理解できなければ、読者は満足しません。

なかじ
読み飛ばされても理解できる書き方をしなければ、読者満足度を上げることはできません。

読み飛ばしても理解できる記事にするには、読者の目線を止める工夫が必要です。文章だけだと読者の目線が止まらないため、箇条書きや表・吹き出しを活用してください。

箇条書きには、要点がまとまっていることを読者は知っているため、そこだけは止まって読んでくれます。箇条書きを読めば要点がわかるため、最終的に読者は満足します。

このような読み飛ばし対策が非常に重要です。

「ブログ研究」で他ブログのいいところを取り入れる

読みやすい記事を書くときに重要なのが「ブログ研究」です。

自分が読みやすく魅力的だと感じるブログがあると思います。

ブログ研究とは、自分が注目するブログが、なぜ読みやすく魅力的なのか、その理由を探すこと。そのブログのいいところは、自分のブログに取り入れていくことが重要です。

例えば、読みやすい理由として、さまざまな要素があると思います。

  • 文字が大きい
  • 画像が綺麗に作られている
  • 行間が開いてい

ここは主観的な判断で構いません。自分が読みやすいと思う理由を深掘りして、仮説を立ててください。

読みやすいと感じるポイントは人によって違います。

フォントサイズが小さい方が読みやすい人もいれば、大きい方が読みやすい人もいます。その人の価値観で決まるところもあるため、正解はありません。

ブログ研究は、ブログで「稼げる・稼げない」に直結します。

自分の頭の中だけで読みやすい記事を書こうとしても、読みやすい記事にはなりません。読みやすい記事がどのようなものなのか、ゴールや目標を明確にしたうえで、自分のブログで再現することが重要です。

なかじ
読みやすいブログのいいところを、自分のブログで再現しましょう。

【まとめ】SEO対策で重要なSXO対策

今回解説したSXOは、今のSEO対策で最も重要です。SXO対策ができていなければ、上位表示するのは非常に困難。

もちろん、SEO対策として記事の質や被リンクも大事です。それにプラスして、当記事で解説したSXOも意識する必要があります。

当記事では次の2つを解説しました。

  • 上位表示するためにはSXOが必須
  • U-R-A(操作性・適合性・権威性)が重要

すぐにできるSXO対策は次の5つです。

  • SSL化する
  • ページ表示速度を早くする
  • 導線設計する
  • 検索意図にマッチした内容
  • 読みやすい記事を書く

10年以上前は、SXOや読者満足度は全く考慮されていませんでした。当時のSEOやブログに携わっていた人で、SXOや読者満足度について考えていた人はほとんどいません。

僕も15年前からブログを運営していますが、当時はSEOで上位表示できる方法や、SEOライティングのことばかり考えていました。

なかじ
今のSEOでは、読者満足度を上げることが重要です。

今のSEOは、とにかく読者ファースト。読者のことを最優先に考えて、読者満足度を上げることが重要です。

ここで解説したSXOの観点から、自分のブログを一度見直してみてください。SXOを意識して、Googleに評価されて上位表示できるブログを目指しましょう。

この記事の筆者
なかじ(中島大介)
名前:なかじ(@ds_nakajima)

株式会社メリルの代表取締役。ブログとアフィリエイトで月1000万円達成。

ブログ、アフィリエイトに関してはYouTubeチャンネル「ウェブ職TV」でも情報発信しています。

2019年5月には子育ての悩みを産婦人科医や保育士などの専門家に無料相談できる「子育て相談ドットコム」をリリース。

ブロガー、アフィリエイターのためのコワーキンスペース「ABCスペース」を名古屋でオープンしました。