読者の検索意図を読み取る重要性は理解していても、SEOで上位表示できる記事が書けないという人も多いはず。SEOで上位表示するには、読者満足度の高い記事を書く必要があります。

検索意図を意識するだけでは、完成度の高い記事は書けません。初心者にありがちな、サジェストキーワードだけを参考にした記事作成もNGです。

当記事では、読者満足度の高い記事を書くために必要な「読者の潜在ニーズの考え方」「再検索させないための記事作成の手順」について解説しています。

なかじ
当記事を参考に、SEOで上位表示できる記事を書いてください。

頑張って記事を書いても上位表示できず、思うように稼げないという人は必見です。ここで解説していることを実践すれば、SEOで上位表示できて、売れる記事を書くことができます。

潜在ニーズを意識して読者に再検索させない記事を書く

僕が記事を書くときは、読者に再検索させないことを意識します。とにかく自分のブログ内で読者の検索行動を完結させます。これが今のSEO対策では重要です。

初心者が再検索まで意識して記事を書くことはありません。だからこそ、SEOで上位表示できないとも言えます。

なかじ
検索意図を満たすことは、SEOでは重要です。

しかし、それだけでは上位表示できません。検索意図を満たすこと以外に必要なのは、読者の潜在ニーズを満たすことです。

SEO対策のポイント3選

SEOでは次の3つのポイントが重要です。

SEO対策のポイント
  • 読みやすさ
  • 読者満足度
  • 被リンク

これら全てが満たされないと、SEOで上位表示されません。記事内容にばかり集中している人は、読者満足度しか考えていません。

今回の本題となる潜在ニーズも、読者満足度に大きく影響します。読者満足度は、以下の2つに分類できます。

  • 検索意図
  • 潜在ニーズ

どちらも重要なのに、検索意図のことばかり考えている人が多いです。記事を書くときに、潜在ニーズを考えていない人は注意してください。

なかじ
潜在ニーズは、読者満足度に影響します。

「記事の書き方」と「SEOで上がらない原因」は、別の記事で詳しく解説しています。

SEOでは検索意図を満たすことが重要

検索意図とは、ユーザーが検索した目的です。SEO対策では、検索意図を満たすことが重要です。どんなに内容の濃い記事を書いても、検索意図を満たしていなければ意味がありません。

なかじ
最近のSEOで重要なことは、検索意図を網羅的に満たすこと。

特定の読者に刺さる内容より、多くの読者の役に立つ内容が求められています。記事の網羅性を高めると、長文になりやすいです。

長文記事は読者がストレスを感じやすいため、「まとめ記事」を書くことをおすすめします。「検索意図」と「まとめ記事」に関しては、別の記事を参考にしてください。

検索意図を満たすだけではダメ

検索意図が重要なことは、ほとんどの人が知っています。しかし、実際には多くの人がSEOで上位表示できません。

なかじ
SEOで上位表示できないのは、読者の潜在ニーズを満たせていないから。

原因は、読者の潜在ニーズを満たせていないからです。記事を書くうえで、考えるべきポイントは以下の3つ。

記事執筆のポイント
  1. 読者がどんな気持ちで記事にたどり着いたのか
  2. どんなことを知りたくて検索したのか
  3. 読者は最終的にどうなりたいのか

2つ目の「どんなことを知りたくて検索したのか」これが検索意図です。この検索意図を満たしても、1と3が満たされません。

なかじ
どんなに頑張っても、検索意図を満たすだけでは記事の完成度は100点になりません。

読者の再検索はSEOでマイナスになる

記事を読んだ後に再検索する読者には、知りたいことや不満があります。読者が本当に満足すれば、同じようなキーワードでは、しばらく検索しません。

例えば「アフィリエイトの始め方」で検索したユーザーが次に何を考えるかを考えてみます。

ユーザーが次に考える例
  • 具体的な稼ぎ方
  • 記事の書き方
  • SEO対策
  • テーマ選び

上記のようなことも知りたいと考えるはず。記事を書くときに、このような悩みや疑問を放置してはいけません。記事を読んだ後に疑問が残った読者は、別のキーワードで再検索します。

この再検索はSEO対策において、大きなマイナスになります。なぜかというと、再検索される記事は、読者満足度が低いと判断されるからです。

なかじ
読者の再検索は、SEO対策において-になります。

専門用語を使うと、「SXO対策ができていない」ことになります。SXOとは検索体験最適化のこと。今のSEO対策は、SXO対策でもあります。

再検索させないというのは、まさにSXO対策です。SXO対策に関しては別の記事で解説をしています。

読者の潜在ニーズを満たして「本当のゴール」に導く

再検索させないコツは、潜在ニーズを満たすことです。潜在ニーズとは、検索した時点では読者も考えていなかったニーズのこと。僕は「本当のゴール」という言い方もします。

例えば、「ブログ記事の書き方」で検索する読者は、記事の書き方を知りたいわけではありません。「記事の書き方」を知るのは手段で、ゴールは上位表示することやお金を稼ぐこと。

「ブログ記事の書き方」で検索する読者は、他にもさまざまな悩みを抱えています。これが潜在ニーズです。

なかじ
SEOでは、読者の潜在ニーズを満たすことが重要です。

潜在ニーズを満たせなければ、読者は再検索します。先ほども解説したとおり、再検索はSEOでマイナスになります。このことを理解できているかどうかで、SEOにおいて差が出ます。

潜在ニーズの考え方

潜在ニーズは、ツールなどを使ってわかるものではありません。潜在ニーズを考えるには、読者の姿をリアルに想像することが重要。

なかじ
記事を書くときは、ターゲットやペルソナを考えます。

ターゲットの具体的な例としては、「30代の料理好きの主婦」のようなもの。ほとんどの人が「30代の料理好きの主婦」をターゲットにして記事を書きます。しかし、このターゲットだと潜在ニーズを考えられません。

「30代の料理好きの主婦」でも、抱えている悩みや目標、現在の状況は人によって違います。そうなると、当然潜在ニーズも変わってきます。

なかじ
記事を書くときにはペルソナ設定が重要になるのです。

つまり、潜在ニーズはペルソナから読み取れるということ。ペルソナ設定については、別の記事で詳しく解説しています。

複数の記事群で読者の悩みを解決する

潜在ニーズは1記事で解決できなくてもOK。内部リンクで別記事に飛ばしても良いです。1記事で、すべての悩みを解決しないといけないというルールはありません。

僕は、ブログ内で「まとめ記事」を起点にした「記事群」を複数作ることをおすすめしています。

なかじ
記事群で読者の悩みを解決し、検索意図や潜在ニーズを網羅的に満たしてください。

1記事で悩みを解決するのではなく、記事群で悩みを解決するイメージです。そうすることで、読者の検索意図や潜在ニーズを網羅的に満たせます。

各記事が孤立した、バラバラのブログを作ってはいけません。これは、失敗するブログの典型例です。

記事群を考える際に、記事同士で単純に内部リンクを貼ればいいわけではありません。記事群の考え方については、別の記事で詳しく解説しています。

サジェストキーワードを使って記事を書いてはいけない理由

ここからは、サジェストキーワードについて説明します。

解説する2つのトピック
  • サジェストキーワードを使って記事を書いたらいけない理由
  • サジェストキーワードを使わずに記事を書く方法

SEO 対策で一番重要なことは、読者満足度の高い記事を書くこと。ただ実際には、「どのようにして記事を書けばいいかわからない」と悩んでいる初心者は多いです。

読者満足度の高い記事を書くことは、本当に難しいことです。ブログ初心者で多いのは、サジェストキーワードを参考にして記事を書いているケースです。

結論から言うと、サジェストキーワードで記事を書いても上位表示できません。その理由は、読者満足度が低くなるからです。

なかじ
サジェストキーワードだけを頼りに記事を書くのはNGです。

サジェストキーワードとは

サジェストキーワードとは、検索窓にキーワードを入力したときに表示される候補キーワードのことです。

このキーワードは、ユーザーの検索頻度や、入力したキーワードとの関連度で表示されます。

サジェストキーワードは、ユーザーが実際に検索しているキーワードです。そのため、検索数がそれなりにあることも多いです。

なかじ
サジェストキーワードは、検索意図を理解する上で重要なヒントになります。

サジェストキーワード取得ツールを2つ紹介

サジェストキーワードを一括取得できるツールを2つご紹介します。

なかじ
サジェストキーワードを取得するには、ラッコキーワードとUbersuggestが便利です。

まず1つ目が「ラッコキーワード」です。ラッコキーワードを使えば、サジェストキーワードだけを簡単に取得できます。

手っ取り早くサジェストキーワードを知りたいときは、このツールを使うことが多いです。

2つ目が、「Ubersuggest」です。Ubersuggestは、無料で使えるSEO分析ツールです。

なかじ
Ubersuggestを使えば、月間検索回数も一緒に表示されるから便利です。

サジェストキーワードを使った記事作成

記事作成に困った初心者がよくやるのが、サジェストキーワードを網羅すること。

しかし、サジェストキーワードを網羅した記事はNGです。その理由は読者の検索意図を網羅できないからです。

初心者にありがちな間違った記事例

例えば、「アフィリエイト 始め方」で、サジェストキーワードを取得してみます。以下のようなサジェストキーワードが表示されます。

「アフィリエイト 始め方」のサジェストキーワード
  • アフィリエイト 始め方 無料
  • アフィリエイト 始め方 本
  • アフィリエイト 始め方 ASP
  • アフィリエイト 始め方 スマホ
  • アフィリエイト 始め方 WordPress

このサジェストキーワードを網羅すると、以下のようなコンテンツができます。

できあがるコンテンツ例
  • 無料で始める方法
  • スマホで始める方法
  • おすすめのASP
  • WordPress開設方法
  • おすすめの本

このような記事を書いている初心者が多いのですが、これでは読者満足度の高い記事にはなりません。

サジェストキーワードだけで検索意図を網羅できない

先ほどの「アフィリエイト 始め方」のサジェストキーワードでは、読者の検索意図を満たせていません。

足りないコンテンツとして考えられるものを、以下に挙げてみました。

足りないコンテンツ例
  • おすすめのレンタルサーバー
  • 記事の書き方
  • 紹介する商品の探し方

考えれば、他にも読者の知りたいコンテンツがたくさん浮かぶはずです。サジェストキーワードを網羅しただけでは、内容の薄い記事になります。

先述したとおり、サジェストキーワードは、実際に検索されているキーワードです。そのため、検索意図を考えるヒントにはなります。

しかし、サジェストキーワードが、そのまま検索意図になるわけではありません。サジェストキーワードだけでは、読者の検索意図を満たすには不十分です。

なかじ
サジェストキーワーを網羅しただけでは、読者の検索意図を満たすことができません。

読者の本当のゴールを満たすことが重要

サジェストキーワードで記事を作成してはいけない理由は、検索意図を網羅できないからです。結果的に読者満足度も低くなります。

読者満足度を決めているのは、検索意図だけではありません。「読者の本当のゴールを満たすこと」が、読者満足度に大きく影響します。

サジェストキーワードで記事を書いても、読者の本当のゴールは満たされません。読者が何のために検索したのかは、自分の頭でしっかり考える必要があります。

なかじ
ただし、サジェスト キーワードを検索意図のヒントにするのはOKです。

「アフィリエイト 始め方」で検索するユーザーが達成したいことは、アフィリエイトを始めることではありません。

読者が本当に達成したいのは、「アフィリエイトで稼ぐこと」です。そのため、アフィリエイトを始めることより、稼げるかどうかが重要です。

アフィリエイトを始めることは、稼ぐために必要なステップに過ぎません。目的はアフィリエイトで稼ぐことです。

なかじ
読者の姿をリアルに想像して検索意図を考えてください。

ここがわからない人は、読者満足度の高い記事が書けません。単純にキーワードから検索意図を考えるだけではなく、リアルに読者の姿を想像してください。

考えるべきこと
  • 不安
  • 悩み
  • 苦しみ

これらを深堀りして考えてください。本当のゴールは、サジェストキーワードからは絶対にわかりません。そのため、サジェストキードだけを参考にして記事を書くのはNGです。

「薄毛 原因」の検索意図の例

読者の本当のゴールを満たすことは重要なので、もう一つ例を紹介します。

なかじ
今度は「薄毛 原因」で検索したユーザーの検索意図について考えてみます。

ほとんどの人は「薄毛の原因を知りたい」と考えます。もちろんこれも間違いではありません。これも満たしてあげるべき検索意図です。

しかし、読者の本当のゴールは「薄毛の原因を知ること」ではありません。読者の本当のゴールは、「髪の毛を増やすこと」です。薄毛の原因を調べるのは、髪を増やすための手段です。

このように読者の本当のゴールを考えて記事を書けると、読者満足度は劇的に上がります。

なかじ
本当のゴールは何かを、しっかり考える必要があります。

本当のゴールを考えるときに役立つ先読みライティング

先読みライティングとは、読者の不安や悩みを先読みしてフォローするライティングです。

なかじ
先読みライティングのコツは、読者の考えを一文一文で先読みすること。

この先読みは、「本当のゴール」を考えるときにも役立ちます。「先読みライティング」に関しては、別の記事を参考にしてください。

サジェストキーワードを使わずに記事を書く方法

ここからは、サジェストキーワードを使わない記事作成手順を解説します。

記事作成手順
  1. 検索キーワードを設定
  2. ペルソナを複数想定
  3. 検索意図を想定
  4. 本当のゴールを考える
  5. 検索意図をコンテンツに変換

まず最初に、検索キーワードを設定します。検索キーワードを無視して記事を書く人もいますが、絶対にキーワードを決めたうえで記事を書いてください。

次に、ペルソナを複数想定します。ペルソナは、ターゲットをもっと細かくしたものだと思ってください。同じキーワードでも、ペルソナが違えば検索意図は変わります。

なかじ
ペルソナは3~5人想定するのがおすすめです。

次に、検索意図を考えます。検索意図を考えたら、読者の本当のゴールも想定します。先ほど解説したように、検索意図=本当のゴールではありません。

例えば「糖質制限 食事」で検索するユーザーは、糖質制限の食事メニューを知りたいわけではありません。

本当に達成したい目的は、「ダイエットして体重を減らしてキレイになりたい」ということ。記事では、「読者が本当に達成したい目的」を満たすコンテンツが必要になります。

なかじ
読者が本当に達成したい目的を満たすコンテンツが必要。

次に、検索意図もコンテンツに変換します。検索意図は、読者の悩みです。その悩みを解決できるコンテンツを記事内に書きます。

以上が、サジェストキーワードを使わない記事作成手順です。検索意図を考えるときにサジェストキーワードを参考にするのはOKです。

ただし、検索意図=サジェストキーワードだと思わないように注意してください。もっと詳しい記事作成手順を知りたい方は、別の記事を参考にしてください。

【まとめ】潜在ニーズを意識してSEOに強い記事を書く

今回は、SEO対策において重要な読者の「潜在ニーズ」「再検索」について解説しました。検索意図だけではなく、潜在ニーズを意識して記事を書くことが重要です。

当記事で解説した内容
  • 読者の再検索はSEOでマイナスになる
  • 再検索させないために潜在ニーズを満たす
  • 潜在ニーズ=読者も考えていなかったニーズ
  • ペルソナから潜在ニーズを想像する
  • 記事群で読者の悩みを解決する
  • サジェスト網羅記事は初心者がよくやるミス
  • サジェストキーワードだけでは、検索意図や本当のゴールを満たすことができない
  • 先読みして再検索させない記事を書く

潜在ニーズは、SEO対策において重要な「読者満足度」に大きく影響します。読者満足度は、「検索意図」「潜在ニーズ」の2つに分類されます。

検索意図のことばかり考えて記事を書く人が多いのですが、それだけでは読者満足度の高い記事を書くことができません。

なかじ
検索意図だけを考えて記事を書いても、読者満足度は満たされません。

最近のSEOでは、検索意図を網羅的に満たす必要があります。特定の読者に刺さる内容より、多くの読者の役に立つ内容が求められます。

記事を読んだ後に再検索する読者には、他にも知りたいことや不満があります。再検索はSEOにおいて、大きなマイナスになります。

なかじ
読者が再検索しない「SXO評価の高い記事」を書いてください。

再検索させないコツは、潜在ニーズを満たすこと。潜在ニーズを考えるには、ペルソナ設定して読者の姿をリアルに考えることが重要です。

潜在ニーズは1記事で解決しなくてもOK。ブログ内で、「まとめ記事」を起点にした「記事群」を複数作ることをおすすめします。

初心者にありがちなのが、サジェストキーワードを網羅した記事作成です。サジェストキーワードだけでは、読者の検索意図や潜在ニーズを読み取ることはできません。

なかじ
サジェストキーワードは、あくまで読者の検索ニーズのヒントです。

サジェストキーワードは、読者の検索ニーズを読み取る貴重なデータです。しかし、サジェストキーワードを使ってそのまま記事を書いても、読者満足度を満たすことはできません。

自分の記事には何かが足りないと感じる人は、当記事を参考にして、SEOで上位表示できる読者満足度の高い記事作成を目指してください。

この記事の筆者
なかじ(中島大介)
名前:なかじ(@ds_nakajima)

株式会社メリルの代表取締役。ブログとアフィリエイトで月1000万円達成。

ブログ、アフィリエイトに関してはYouTubeチャンネル「ウェブ職TV」でも情報発信しています。

2019年5月には子育ての悩みを産婦人科医や保育士などの専門家に無料相談できる「子育て相談ドットコム」をリリース。

ブロガー、アフィリエイターのためのコワーキンスペース「ABCスペース」を名古屋でオープンしました。