• 見出しの書き方がわからず困っている
  • キーワードの正しい入れ方を知りたい
  • SEOに評価される見出しの書き方が知りたい

見出しは、検索結果で上位表示するためにタイトルに次いで重要です。

Googleは記事の内容を調べるとき、タイトルと見出しのキーワードで判断しているためです。

残念なことに、見出しを適当に書いてる初心者は多いです。見出しを適当に書くと、上位表示はできませんし、読者満足度も下がります。

なかじ
見出しはタイトルの次に、SEO対策で重要です!

SEO対策として見出しにキーワードを入れるのは、広く知られています。

しかし、キーワードを詰め込んでは逆効果。読者に魅力的でわかりやすい見出しを書くことも大切です。

ここではSEOに強く、読者満足度の高いブログ記事の見出しの書き方を「正しい例」「間違った例」と共に解説します。

この内容を実践すればベストな見出しの書き方がわかり、上位表示できる記事が書けます。
» SEO対策の基本・上位表示する方法【初心者でもOK】

ブログ記事の見出しの書き方【6つ】

具体的な見出し作成時のポイントは次の6つです。

  • 見出しタグは順番を守る
  • 見出しの階層構造を考える
  • 見出しにキーワードを含める
  • 結論や内容がわかる見出しを書く
  • 目次だけで把握できる見出しを書く
  • 記事を書く前に見出しを作る

これは見出しを書くときの基本、読者にもGoogleにもわかりやすい見出しの書き方を覚えましょう。

なかじ
この6つのポイントを押さえて、SEOにも強いブログを作りましょう。

見出しタグは順番を守って使う

記事の見出しを書くとき、見出しタグの順番は必ず守りましょう。

見出しタグを間違えると、検索エンジンを混乱させて、SEO評価が下がるためです。

見出しタグとは下記のようなHTML形式で表示されます。

<h1>テキスト</h1>
<h2>テキスト</h2>
<h3>テキスト</h3>
<h4>テキスト</h4>

見出しタグは「h1→h2→h3→h4」の順番で使います。

h2の次にh4がくるような、順番を飛ばす使い方はダメです。

初心者は、見た目で使い分けてしまうので、注意してください。

通常h1タグはタイトルに使われます。一番重要なキーワードをGoogleに的確に伝えるためです。

またh1タグはひとつの記事内で一度しか使えません。h1タグを何度も使うと、どのキーワードが重要なのかわからなくなり、Googleが混乱してしまうためです。

タイトルにh1タグを使うので、記事を書くときは、h2タグから使い始めます。

h2~h4タグは何度使っても大丈夫、回数制限はありません。しかし、見出しタグの順番は守りましょう。

なかじ
見出しタグの順番を守ってGoogleを混乱させないことが重要です。

こちらは正しい見出しタグの使い方の例です。

「h1→h2→h3」の順番が守られています。

このように見出しタグを正しく使うと、Googleも記事内容を正確に理解し、正しく評価をしてくれます。

こちらは間違った見出しタグの使い方の例です。

h2とh3の見出しタグの順番が、守られていません。 h2の次にh4を使い、h3の次にh5が使われています。このような順番を無視した使い方は止めましょう。

見出しタグの順番を守らないと、Googleからの評価が下がってしまいます。

なかじ
見出しは順番通りに使いGoogleに正確な情報を伝えましょう。

見出しの階層構造を考える

見出しタグには階層構造という考え方があります。

見出しの階層構造とは、同列タグには、同じグループの言葉を並べる規則。

違うグループの言葉を同列の見出しタグで使うと、読者もGoogleも混乱してしまうためです。

見出しの階層構造を簡単に書くと、下記のようになります。

<h1>おすすめのコーヒーと作り方</h1>
 <h2>カプチーノ</h2>
  <h3>カプチーノの作り方</h3>
 <h2>エスプレッソ</h2> 
    <h3>エスプレッソの作り方</h3>
 <h2>アメリカンコーヒー</h2>
  <h3>アメリカンコーヒーの作り方</h3>

h2の見出しタグはコーヒーの種類、h3はコーヒーの作り方で統一されています。

なかじ
同列見出しタグには、同じ種類の言葉を入れるのが大切です。

例えば「スターバックス」はh2にもh3にも入りません。スターバックスはコーヒーの種類や作り方ではなく、お店の名前のためです。

「スターバックス」を入れたい場合は、下記のようにh2タグをひとつ増やして、h3タグにスターバックスを入れましょう。

<h2>カプチーノ</h2>
  <h3>カプチーノの作り方</h3>
 <h2おすすめのコーヒーショップ</h2>
  <h3>スターバックス</h3>
  <h3>ドトールコーヒー</h3>

h2タグ「おすすめのコーヒーショップ」を増設したため、違和感なくh3タグにコーヒーショップの名前を入れることができます。

見出しの階層構造では、同列タグに同じグループの言葉を選ぶのが重要です。

なかじ
階層構造を間違うと、Googleが混乱しSEO評価が下がるので注意してください。

今度は「アフィリエイトの始め方を徹底解説!」という記事の見出しで考えてみましょう。

これは間違った見出しの階層構造の例です。

「ブログ」「パソコン」「銀行口座」はアフィリエイトを始めるのに必要なものとして、同列に並べることができます。

しかし「おすすめのパソコン」は同じグループではありません。

もうひとつ間違った見出しの階層構造を紹介します。

h3見出しには「ブログを始めるまでの手順」が書かれています。

  1. ブログを立ち上げる
  2. ASPに登録する
  3. 記事を書く
  4. 広告を貼る

この4つはブログを始めるまでの手順として同列です。

しかし「読まれる記事の書き方」はブログを始める手順ではなく、テクニックなので同列ではありません。

このように、同じグループの言葉でないものに、同列の見出しタグをつけるのはNG。

同列ではないが紹介したい場合は、内部リンクで別記事に飛ばすか、h2タグを新しく作るのが正解です。

なかじ
見出しタグの順番は守れていても、「階層構造を守る」のを知らない人は多いので注意しましょう。

見出しにキーワードを含める

SEOでは見出しに書かれたキーワードが重視されます。

Googleの巡回ロボットであるクローラーが、見出しデータを調べて記事の内容を把握するためです。

タイトルに入れていないキーワードでも、見出しに入れると上位表示することもあります。

例えば「ブログの始め方を初心者向けに徹底解説!」という記事を書くとします。

この場合のキーワードは「ブログ 始め方 初心者」の3つです。

記事内のh2の見出しに「オススメのブログジャンル」と入れた場合、「ブログ ジャンル」というキーワードで上位表示されることもあります。

文字数の都合でタイトルに入れられなかった複合キーワードは、見出しの中に含めて上位表示を狙いましょう。

なかじ
見出しにキーワードを入れると、Googleにコンテンツの正しい情報を伝えることができます。
必然的に見出しにキーワードが入る

見出しは、記事内のコンテンツが凝縮されているものです。当然コンテンツの一番重要なキーワードも、見出しには含まれます。

逆に記事内容を凝縮した見出しなのに、見出しの中にキーワードが入らないのは不自然。

こう考えると、見出しにキーワードが入るのは当然の結果とも言えます。

結論や内容がわかる見出しを書く

ブログ記事の見出しは、一目で結論や内容が分かるように書くと、読者にわかりやすい記事が提供できます。

見出しで記事の内容がわかれば、読者はこの先読み進めるかどうかの判断ができます。

悪い例は「エスプレッソとは」など、結論がわからないものです。これでは読者が記事を読むまで、内容がわからないので親切とは言えません。

見出しに結論を書くと、読者に本文を読んでもらえないと心配する初心者もいます。しかし、見出しの結論に興味があれば、読者は本文も読むので問題ありません。

逆に見出しに結論がなく、本文を読んで読者の知りたい内容でない方が問題です。

この場合読者の満足度は下がるため、やはり見出しに結論を書いた方が、親切で好感度の高いブログ記事になります。

なかじ
結論を見出しに含める際は、長くなりすぎないように気を付けましょう。

具体的な文字数は書きませんが、PCで見たとき1行に収まるくらいの長さが適切です。

長すぎる場合は、見出しに結論や内容を含めないこともあります。見出しの文字数や内容については、臨機応変に考えましょう。

ちなみに記事タイトルは32~40文字くらいがおすすめ、検索結果に表示される文字数が、32~40文字くらいのためです。

これ以上長いタイトルをつけても、表示されないので注意しましょう。

タイトルの付け方は、下記の記事と動画で詳しく解説しています。
» 魅力的な記事タイトルの付け方

目次だけで把握できる見出しを書く

見出しは、目次で見られることを意識して書きましょう。

読者は目次に目を通しただけで、ブログ記事の内容を大まかに把握できます。

目次がわかりやすく表記されていると、読者は先を読みたくなります。

なかじ
逆に読みづらい目次は、読者が離脱するので注意してください。

また目次だけで内容が把握できると、読者の読み飛ばし対策にもなるのでおすすめです。

ほとんどの読者は記事を読み飛ばし、一字一句読む人はいません。読み飛ばして記事の内容がわからないと、読者の満足度は下がります。

しかし、目次だけで記事の概要がわかれば、読み飛ばされても理解ができるため、読者の満足度は下がりません。

目次に結論や内容が書いてあれば、読み飛ばさずに詳細を読んでくれる確率も上がります。

結果的に、読者の滞在時間が長くなり、SEOにも評価されることになります。

読み飛ばし対策の観点からも見出しは重要。理想は目次だけで記事の重要ポイントがわかるように書くことです。

なかじ
見出しは読み飛ばされることを前提で書くのがおすすめ!

読者は「読まない」「信じない」「行動しない」と言われ、これを「3つのNOT」と言います。

この3つのNOTをクリアすれば、読まれる記事となることを覚えておきましょう。

3つのNOTは、下記の記事と動画で詳しく解説しています。
» ライティングを変える3つのNOT

記事を書く前に見出しを作る

記事全体の構成を考えるとき、見出しも一緒に考えます。

先に見出しを作ることで、記事の内容がブレず分かりやすい記事が書けます。

頭の中の情報をしっかりと整理すると、良い構成や見出しができるのでおすすめです。

見出しや構成がよくないと読みづらいので、SEOでも上位表示することが難しくなります。

こちらは良い見出し構成の例です。

短い見出しでも、必要な情報が詰まっていてわかりやすいです。

見出しが決まったら、見出し内のコンテンツを考えます。

コンテンツもいきなり文章にするのではなく、まずは箇条書きにするのがおすすめ。

いきなり本文を書いてしまうと、文章にまとまりがなくなってしまうことがあるためです。

箇条書きという骨組みに少しずつ肉付けをして、最終的に文章にしていくようなイメージです。

見出しと構成ができれば8割完成。あとは本文を一気に書き上げると、わかりやすい記事が書けます。

なかじ
先に見出しと構成を作るとわかりやすい記事が書けるためおすすめです。

読まれる記事の書き方は、下記の記事と動画で詳しく解説しています。
» SEOに強い記事の書き方

ブログ記事の見出しの書き方注意点

ブログ記事の見出しを書くときには、下記の3つのポイントに注意しましょう。

  • キーワードはなるべく左に入れる
  • SEOよりも読者を重視
  • 読者とGoogle向けの見出しの書き方の違い

見出しの書き方の応用編です。

この点に気を付ければ、読者に読まれて、SEO評価も上がる見出しを書くことができます。

キーワードはなるべく左に入れる

キーワードが左だと人間は見つけやすくなります。

日本語の文章が左から右に向かって書かれているので、人の目線は左から右に動くことが多いためです。

僕は左側にキーワードを無理矢理入れることはしません。しかし、できるなら左側に入れるようにしてます。

これはタイトルでも同じで、読者へのわかりやすさを優先しているためです。

例えば読者が「やせない 原因」で検索した場合を考えてみましょう。

下の見出しを比べてみてください。

  • 【やせない原因】実は食べ物よりも運動が大切!
  • 食べ物よりも運動をしないことがやせない原因!

最初の見出しは「痩せない原因」というキーワードが一番左に入っているため、読者の目に留まり読まれやすくなります。

読者は自分の検索した言葉が含まれていると、読む確率も上がります。

しかし、キーワードを無理に左側に入れて、文章が不自然にならないよう注意してください。

 Fの法則では、人は左にある文字に視線が集まる、という研究結果が出ています。

下記の画像をみると、左側に視線が集中し、右下の方はほとんど読まれていないことが分かります。

見出しは左側にキーワードを入れて、読者の視線を集めるのが重要です。

たくさんの読者に記事を読んでもらい、上位表示させましょう。

なかじ
キーワードはなるべく左に入れて目立たせると読者に読んでもらえます。

SEOよりも読者を重視

見出しにキーワードを入れることは大切ですが、SEOよりも読者のことを考えて作るようにしてください。

例えば、SEOに有利だからと全部の見出しにキーワードを入れると、すごく読みにくくなります 。

これは悪い見出しの書き方の一例です。全部の見出しに「ブログ 始め方」というキーワードが含まれています。

読者は読みづらいので、離脱する可能性があります。

読者はこのような見出しは不自然だと感じます。見出しを考えるときは、自分が読者の立場になり、短くわかりやすくなるように仕上げましょう。

なかじ
読者重視の見やすい見出しを書くことで、本文を読んでもらえます。

キーワードの詰め込み過ぎはSEOでマイナス

キーワードの詰め込みすぎは不法操作と判断され、SEOの評価を下げこともあります。

不自然な文章は読者のストレスにもなり、記事を読んでもらえません。

見出しにキーワードを入れることは重要ですが、読者が読みづらく感じるほどキーワードの詰め込みすぎには十分注意をしてください。

読者とGoogle向けの見出しの書き方の違い

ブログ記事の見出しの書き方には、ユーザー向けとGoogle向けの見出しの書き方に明確な違いがあります。

  • ユーザー向け:読みやすさと読者満足度を向上させる
  • 検索エンジン:タイトルや見出しにキーワードを入れる

両方を兼ね備えたわかりやすい見出しを書くことで、SEOにも評価されます。

ユーザー向けの見出しの書き方

ユーザー向けの見出しの書き方で大切なポイントは3つ。

  • 結果が書かれている
  • 内容が一目で理解できる
  • わかりやすい表記

理想は、「思わず読みたくなるような魅力的な見出し」です。

例えば読者がSEOについて知りたい場合、下の見出しならどちらを読みたいと思いますか。

  • SEOとは?
  • SEOとは検索エンジン最適化【初心者向け6つのポイント】

2つ目の見出しの方が読まれる率が高いのは確実です。

読者の疑問の答えが書かれていて、数字を使っているので興味を引きます。

読者が気になるような見出しを書ければ、既読率も高くなります。

滞在時間が延びると、Googleは良い記事と判断するため、SEOで評価されます。

読んだ内容が役立てば読者満足度も上がり、結果的に上位表示も可能となります。

なかじ
読者に魅力的な見出しを書いて、記事を読んでもらうのは有効なSEO対策!

Google向けの見出しの書き方

Google向けの見出しには、キーワードを入れることが重要です。

検索エンジンのGoogleは読者と違い、機械的にデータとして見出しをチェックしています。そのため読みやすさや理解度は判断していません。

「h1,h2,h3,h4」の見出しタグを適切に使うことで、検索エンジンに正しく情報を伝え、評価してもらうことができます。

また見出しタグは「h1→h2→h3→h4」の順番で重要度も変わるため、一番大切なキーワードはタイトルとh2に含めましょう。

入りきらなかったキーワードは、他の見出しに含めるように書くのも大切です。

見出しが整理されていると、Googleも読者も理解しやすくなり、結果的にSEOで上位表示されやすくなります。

なかじ
キーワードを入れたわかりやすい見出しがベストです!

ブログ記事の見出しの書き方はSEO対策に重要

今回は、ブログ記事の見出しの書き方について解説しました。

ブログやアフィリエイトにおいて、見出しの書き方は重要です。

Googleに正しい情報を送り、正当な評価をしてもらうこと。

読者にもわかりやすい見出しを書くことで、読んでもらえる確率が高くなり、SEO評価も上がります。

正しい見出しの書き方は、下記の6つの基本ポイントを押さえましょう。

  • 見出しは順番を守って使う
  • 見出しの階層構造を考える
  • 見出しにキーワードを含める
  • 結論や内容がわかる見出しを書く
  • 目次だけで把握できる見出しを書く
  • 記事を書く前に見出しを付ける

ブログ記事の見出しを適当に書くと、Googleを混乱させるので注意してください。

なかじ
キーワードを左に入れて、魅力的な読者重視の見出しを書けば読んでもらえる率も上がります。

読者に読みやすくSEOに強い記事を書いて、稼げるブログを作りましょう。

ブログの構成を作る方法は、下記の記事と動画で解説しています。
» ブログ記事の稼げる構成の作り方

この記事の筆者
なかじ(中島大介)
名前:なかじ(@ds_nakajima)

株式会社メリルの代表取締役。ブログとアフィリエイトで月1000万円達成。

ブログ、アフィリエイトに関してはYouTubeチャンネル「ウェブ職TV」でも情報発信しています。

2019年5月には子育ての悩みを産婦人科医や保育士などの専門家に無料相談できる「子育て相談ドットコム」をリリース。

ブロガー、アフィリエイターのためのコワーキンスペース「ABCスペース」を名古屋でオープンしました。