• ブログを始めたがジャンルの選び方がわからない
  • 稼げないジャンルを避けたいので教えて欲しい
  • ブログで稼げるキーワード・ジャンルを知りたい!

ブログ初心者は稼げないキーワードやジャンルで記事を書いています。そのままブログ運営を続けても収益を上げることはできません。

この記事では次の項目に焦点を絞って稼げない・稼げるキーワードとジャンルを解説します。

  • YMYLジャンルについて
  • ブログで稼げない3ジャンル
  • ブログで稼げる11ジャンル
  • キーワード選定の正しいやり方
  • ずらしキーワードの作り方

この記事を最後まで読むことでブログで稼げるジャンルがわかるだけでなく、穴場キーワードを探せるようになります。

なかじ
競合が少ないジャンルやキーワードで上位表示させて稼げるブログを作りましょう。

ブログで稼げないキーワードとジャンルはYMYL

「YMYL」ジャンルは上位表示が難しいためブログで稼ぐのは困難です。

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略で健康やお金に関するジャンルのこと。人生や命に深くかかわるのでGoogleは信頼性の高いサイトを上位表示させます。

  • 上場企業
  • 大手会社
  • 公的機関
  • ジャンル専門会社

例えば「お金 増やす」で検索すると上位表示されているのは銀行・大手投資会社・有名保険会社ばかりで、個人ブログが入る余地はありません。

YMYLは健康とお金関連だけではなく、非常に幅広いジャンルに及びます。

  • ニュース
  • 政治・法律
  • 金融・保険・投資
  • 医療・薬
  • EC サイト
  • フィットネス
  • 就職・転職

YMYLの中でも特に健康・医療に関わるジャンルは高い信頼性が必要です。

  • サプリメント
  • 青汁などの健康食品
  • 妊娠・出産

信頼性の高いサイトをGoogleはE-A-Tと定義し、SEOで重視しています。

  • Expertise(専門性)
  • Authoritativeness(権威性)
  • Trustworthiness(信頼性)

 YMYL関連のキーワードで上位表示するにはE-A-Tが求められます。

しかしYMYL全てが同じSEO難易度ではありません。キーワードによって求められる信頼性は変わります。

例えば癌と薄毛はどちらもYMYLジャンルですが、命にかかわる「癌」の方が「薄毛」より高いE-A-Tが求められます。癌に関するキーワード検索をすると上位表示されるのは病院ばかりです。

なかじ
YMYLジャンルはE-A-Tを重視します。

YMYLジャンルやE-A-Tに関する詳細はGoogle品質評価ガイドラインで確認してください。

個人ブログで信頼性を獲得する方法

個人ブログで高いE-A-Tを獲得するなら、信頼性の高いサイトからリンクしてもらうことが重要です。

個人でブログを運営する場合、専門的な資格を持ち知識があっても上位表示できるだけの信頼性は得られません。Googleは機械的に客観的な証明ができないからです。

信頼性が高いリンク一本だけでは効果が薄いため、継続的に数十本単位で獲得する必要があります。

YMYLキーワードすべてが稼げないわけではない

「YMYLジャンルは上位表示が難しいので止めた方がよいのか?」とよく相談をいただきますが、僕の考えは「YMYLは意識し過ぎない」です。

YMYLを意識し過ぎなくていい理由は次の2つ。

  • YMYLでもキーワードによってSEO難易度が違う
  • YMYL以外でも上位表示が不可能な場合がある

典型的なYMYLキーワード「お金 増やす」で検索すると大手金融会社が上位表示されています。しかし同じお金を増やす方法でも「副業在宅 おすすめ」というキーワードなら個人ブログが上位表示されているのです。

一方YMYLジャンルではないキーワード「ラーメン屋 おすすめ」で検索すると「じゃらん」「食べログ」などの大手サイトが上位表示を占めているため、個人ブログが参戦するのは非常に難しいといえます。

YMYLというジャンルで判断するよりも、検索結果を見て判断することのほうが重要なのです。

なかじ
ジャンルよりもキーワードの検索結果を重視して決めること。

YMYLで稼げないキーワードは検索結果で判断する

ここでは実際にYMYLジャンルで稼げないキーワードの例を紹介します。

「眠れない 原因」のキーワードで検索すると1ページ目に表示されているのは下記のサイトです。

  • クリニック
  • 大手製薬会社
  • 有名サプリ販売会社
  • 布団会社

個人ブログはひとつも上位表示されていません。

「眠れない 原因」で信頼性の高いサイトが上位表示されるのは、眠れないことがうつ病などにつながる可能性があるからです。

ただし個人ブログだとしても「眠れない 原因」がブログ読者にとって必要な記事なら、YMYLや表示順位に関係なく記事を書いてください。上位表示できるかどうかよりも読者満足度の方が重要です。

YMYLジャンルは個人ブログの上位表示が不可能ということではありません。YMYLジャンルでもキーワードと競合次第で、個人ブログで稼いでいる人はたくさんいます。

なかじ
大切なのはキーワードの検索結果を確認してから記事を書くことです。

1ページ目に大手企業しか表示されないキーワードで記事を書いても勝ち目はありません。その場合はライバルが弱いキーワードを探して記事を書きます。

チェックポイント

キーワードやジャンル選定ではYMYLかどうかよりも実際に検索結果を見て判断することが重要です 。

具体的なキーワード選定は次の記事と動画で詳しく解説しています。
» ブログ初心者でも失敗しないキーワード選定

ブログで稼げないジャンル3選

ブログで稼ぎたいなら稼げるジャンルを選ぶことが重要です。ジャンル選びで失敗すると収益がないだけでなく、最初からブログを作り直すことになってしまいます。

次の3つのジャンルはブログを書いても稼げないので注意してください。

  • ASP案件がないジャンル
  • 収益性の低いジャンル
  • 知識のないジャンル

ASP案件がないジャンル

ASP案件がないジャンルを選んでしまうとブログで紹介できないので稼ぐことはできません。ASPは報酬単価が一番高いので、ブログで稼くならASP案件があるジャンルがおすすめです。

ASPとはアフィリエイト・サービス・プロバイダの略で、企業とブログ運営者をつなぐ仲買業者のことを表します。

企業はASPに広告掲載を依頼し、ブログ運営者はASPを通して企業の商品やサービス広告を自分のサイトに貼ります。ブログの広告からユーザーが商品やサービスを購入すると手数料が入る仕組みです。

自分が選んだジャンルのASP案件がないとブログ初心者から相談を受けることがあります。

ブログを作る前に、少なくとも5件以上のASP案件が見つかるジャンルを探してください。

ブログ初心者におすすめのASPは次の5つです。

特にA8.netはブログを作る前に登録できるので、初めてブログを作る人におすすめです。

なかじ
ブログで稼ぐならASP案件が豊富なジャンルを選ぶ。

ASP案件の選び方は次の動画で解説しています。

収益性の低いジャンル

ジャンルは収益性を重視して選びましょう。収益性の低いジャンルはたくさん商品を売らなければいけないので稼ぐには時間がかかります。

  • 案件A:報酬単価300円
  • 案件B:報酬単価3000円

報酬単価が10倍違うためブログ収益が大きくなるのは案件Bです。具体的に売り上げ個数別の差額を見てみましょう。

案件・差額毎月10個売上毎月20個売上毎月30個売上
案件A報酬単価:300円3,000円6,000円9,000円
案件B報酬単価:3,000円30,000円60,000円90,000円
報酬差額27,000円54,000円81,000円

ブログ初心者は報酬単価が高いと売りづらいと思うかもしれませんが、記事を書く労力は変わりません。

なかじ
ブログで稼ぐなら報酬単価3,000円以上の案件があるジャンルがおすすめ!

同じ商品の案件でもASPによって報酬単価が異なることがあるので注意しましょう。

初心者向けのおすすめASPは次の記事で紹介しています。
» 登録必須のおすすめASPと特徴を徹底解説

GoogleアドセンスやECサイト案件について

ブログの収益を重視するならASP案件をメインに紹介することをおすすめします。

しかしASPにない本や日用品などを紹介するならアマゾンや楽天市場を利用するのもOKです。

Googleアドセンスは紹介する商品やサービスがない記事に限り利用しましょう。広告がたくさんあるとクリックが分散してメインであるASP案件の成約が難しくなります。

知識のないジャンル

知識が全くないジャンルを選ぶと一から勉強しなくてはいけないため時間がかかります。ネットで少し情報を集めた程度では稼ぐことはできません。

ブログのジャンルは自分の仕事や得意分野に関連するものを選びましょう。知識や体験があるジャンルは高品質な記事を書くことができます。

ブログ運営者には2つのタイプがあります。

  • 専門家タイプ:自分の知識や経験からアドバイス
  • 初心者タイプ:新しいことに挑戦中で内容を実況

読者の悩みを解決する高品質な記事が短期間で書けるため、収益性が高いのは専門家タイプです。

ただし都合よく仕事経験を活かせるジャンルをもっている人は少ないのも事実です。その場合は自分の興味や関心のあるジャンルを選んでください。

収益性が高いからと興味や関心が全くないジャンルで記事を書き続けるのは難しいので注意しましょう。

高品質な記事を書くには勉強が必要です。僕は扱うジャンルの関連本を10冊から20冊ほど読むことを推奨しています。

ジャンルの関連本を読むことで必要な専門知識が身に付きます。勉強ができない場合はそのジャンルでは稼げません。

ブログ運営はビジネスだと割り切り自分に興味や関心がないジャンルでも勉強できる人は有利です。ビジネスと割り切り勉強する人は稼げるようになる確率が一番高いです。

なかじ
ここでもASP案件の有無と収益性のチェックは必須です。

ブログ運営のための勉強方法は次の動画で説明しています。

正しいジャンルの選び方

ブログで収益を上げるなら激戦ジャンルをおすすめします。

激戦ジャンルを選ぶ理由は次の3つです。

  • 報酬単価が高い
  • ASP案件が多い
  • マーケットが大きい

激戦ジャンルは儲かるので競合が多いですが、マーケットが大きいため初心者でもキーワードを選べば収益を上げることは可能です。

ブログで稼げるジャンル11選

ブログで収益を上げやすい激戦ジャンルは次の11ジャンルです。

  • 転職
  • ネット回線
  • モバイルルーター
  • 結婚(ブライダル)
  • ブランド買取
  • 食材宅配
  • 化粧品
  • 引越し
  • 生活トラブル
  • 宅配クリーニング
  • 英語

上記のジャンルは収益性が高いので、月1,000万円まで狙えることもあります。

なかじ
ただしブログの収益はジャンルだけでなくキーワードにも大きく依存することを忘れないでください。

上記のジャンルは初心者にとって大きすぎるため、ニッチなテーマに絞って超特化ブログを作りましょう。超特化ブログにすることで専門性が高くなりSEOでも上がりやすくなります。

各ジャンルの詳しい内容は次の記事と動画で解説しています。
» 失敗しないジャンルの選び方と決め方

キーワード選定のやり方を間違うとブログで稼げない

ブログ運営においてキーワード選定を間違えると、稼げないだけでなくアクセスがないブログになってしまいます。

ユーザーは次のような過程を経てブログにアクセスします。

  1. キーワードで検索
  2. 検索結果にサイトが表示
  3. 興味のあるサイトを選んでアクセス

SEOで集客するならユーザーが使う検索キーワードをベースに記事を書いてください。

適当なキーワードで記事を書くと、読者がブログにたどり着けないだけでなくGoogleにも正しい記事内容が伝わりません。

なかじ
稼げるジャンルを選んでもキーワード選定を間違うとブログで収益を上げることが難しくなるので注意しましょう。

キーワード選定の失敗しやすいポイントは次の3つです。

  • 検索需要がないキーワード
  • 月間検索回数が少ない
  • 競合が強すぎる

検索需要がないキーワードを選ぶ

検索需要がないキーワードで記事を書いても、読者から読んでもらえず上位表示することもできません。

読者からブログを読んでもらうには、どのようなキーワードで検索されているのか調べたうえで記事を書くことが重要です。

初心者の中には適当に思いついたキーワードで記事を書いてしまう人がいますが、それではブログへの集客は難しいので注意してください。

食材宅配を例に説明します。

  • 食材宅配 最高 
  • 食材宅配 おすすめ

ユーザーが検索するときに使うキーワードは「食材宅配 おすすめ」です。「食材宅配 最高」という自作のキーワードでは検索されません。

なかじ
検索需要があるキーワードをを知るためにはツールを使って月間検索回数を調べる必要があります。

月間検索回数を確認していない

月間検索回数とはユーザーがキーワードで検索した回数を数値化したものです。Ubersuggestキーワードプランナーを使って月間検索回数を調べましょう。

ブログで稼げるジャンルのうち「食材宅配」というキーワードで、Ubersuggestをもとに月間検索回数を確認してみましょう。

キーワード月間検索回数
食材宅配8,100
食材宅配サービス2,900
食材宅配一人暮らし880
食材宅配比較480
食材宅配おすすめ480
食材宅配安い480
食材宅配ランキング2019320
食材宅配大阪210
食材宅配お試し170
食材宅配キット90
食材宅配コープ70
食材宅配マニア20
食材宅配人気ランキング10

初心者は月間検索回数が100~1,000回くらいのキーワードを選びましょう。

競合が強すぎるキーワードを選ぶ

競合が強すぎると上位表示できないので、キーワード選定が終わったら実際にGoogleで検索して競合をチェックしましょう。

競合が強すぎるキーワードを選んで記事を書いているブログ初心者が目立ちます。病院や公的機関など信頼性の高いサイトと競っても個人ブログで勝つことは難しいです。

なかじ
キーワード選定するときは競合の強さを必ず確認してください。

信頼性が高いサイトが1ページ目を占めているキーワードは避けて記事を書きましょう。

実践的なキーワード選定は下記の記事と動画で解説しています。
» ブログ初心者でも失敗しないキーワード選定

失敗しないキーワード選定の方法

ジャンルを決めてキーワードを選定したら「競合調査」を実施して「ずらしキーワード」を探します。

どちらも競合が弱い又は穴場のキーワードを見つけることができるため、ぜひ実践してください。

競合調査する

SEOで集客するなら記事を上位表示させアクセスを集める必要があります。

しかし上位表示されているのが上場企業・公的機関・大手有名サイトの場合は、個人ブログに勝ち目はありません。

競合が強い場合はボリュームが少ないキーワードを探すことをおすすめします。

例えばキーワード「転職 おすすめ」ではなく競合が弱い「転職 資格」にキーワードを変更して記事を書く方が上位表示させやすいです。

検索結果で1ページ目に表示されないとクリックされないため、ボリュームが少なくても上位表示させることを重視してください。

なかじ
ただし競合が強くても読者に必要な記事なら書きましょう。

SEOで上位表示できなくても読者の満足度を上げることはSEO対策に効果があります。

チェックポイント

ブログで稼ぐならジャンルやキーワード選定は重要ですが、最も大切なのは読者の悩みを解決する高品質な記事を書くことです。

検索順位を決めているGoogleはユーザーファーストのポリシーを掲げているため、読者を満足させることで上位表示にも繋がります。

ずらしキーワードを見つける

ずらしキーワードとは競合が少ない穴場キーワードのことです。ビッグキーワードやサジェストキーワードとは違います。

  • ビッグキーワード:おすすめ・比較・人気など
  • サジェストキーワード:検索候補のキーワード

上記キーワードで記事を書いても競合が強いため上位表示できません。個人ブログでも上位表示できるようキーワードをずらして考えてみることが重要です。

ここでは「転職」というキーワードを例に紹介します。「転職」のビックキーワードは次の通りです。

  • 転職エージェント おすすめ
  • 転職サイト 比較
  • 看護師 転職サイト
  • エンジニア 転職サイト

ビックキーワードは成約に近いキーワードのため競合が強いです。

「転職」のサジェストキーワードもみてみましょう。

  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • 転職 女性
  • 転職サイト おすすめ

サジェストキーワードも検索結果には転職会社の公式サイトや大手企業のサイトが上位を占めています。

ここから「転職」のずらしキーワードを考えますが、一番大切なことは「転職」という言葉を使わずにキーワードを作成することです。

「転職」のずらしキーワードは次のようなものが考えられます。

  • 給料 安い
  • 30歳 平均年収
  • 女性 産休後 時短勤務

ポイントは読者がいつ転職を考えるかということ。

「30歳 平均年収」というキーワードで記事を書く場合、年齢や職業別の平均年収を一覧表で表示し、「平均年収を下回っているなら転職も検討」と転職サイトへ誘導します。

「給料 安い」で検索するユーザーの目的は給料を上げること。「そのためには資格取得や転職を考えましょう」とおすすめすることで成約を狙うことができます。

「女性 産休後 時短勤務」のキーワードの場合、ユーザーは産後に時短で働けるかどうかを心配しているため「転職サイトに登録すれば無料で相談にのってもらえます。」と情報を提供します。

狙っているキーワードを使わなくても読者の検索意図を理解出来れば「ずらしキーワード」を作ることができるのです。

なかじ
ずらしキーワードを使えば読者の悩みを解決しながらブログで収益を上げることができます。

ずらしキーワードを作るための詳しい手順は下記の動画を参照してください。

検索結果を見てブログで稼げないキーワードとジャンルを見極めよう

今回はブログで稼げないキーワードやジャンルというテーマを解説しました。

アフィリエイト業界では「YMYLジャンルを避けること」が定説ですが、キーワードによっては個人ブログでも稼げます。個人ブログがE-A-Tを上げるには信頼性の高いサイトからの被リンクが一番効果的です。

稼げない3つのジャンルは次の通りです。

  • ASP案件がないジャンル
  • 収益性の低いジャンル
  • 知識のないジャンル

ブログでしっかりと収益を上げるなら、報酬単価が3,000円以上のASP案件があるジャンルを選びましょう。

ブログで稼げるおすすめジャンルは以下の通りです。

  • 転職
  • ネット回線
  • モバイルルーター
  • 結婚(ブライダル)
  • ブランド買取
  • 食材宅配
  • 化粧品
  • 引越し
  • 宅配クリーニング
  • 英語
  • 生活トラブル

激戦ジャンルは報酬単価が高く、案件もたくさんあるので初心者にもおすすめです。

ただしビッグキーワードを狙うと競合が強く上位表示はできないので気をつけましょう。

なかじ
稼げるジャンルを選んでもキーワード選定を失敗すると収益は上がりません。

キーワード選定の失敗しやすいポイントは次の3つです。

  • 検索需要がないキーワード
  • 月間検索回数が少ない
  • 競合が強すぎる

「ずらしキーワード」を使えば個人ブログでも激戦ジャンルで戦うことが可能なのでぜひ試してみてください。

チェックポイント

稼げるジャンルやキーワードを選ぶことは大切ですが、ブログ運営の基本は読者の悩みを解決する記事を書き役立つブログを作ることです。読者満足度が上がればSEO的にも有利になります。

検索エンジンから集客する場合、記事を上位表示させることが一番重要です。

アフィリエイトで稼ぎたい初心者は次の記事と動画を参考にしてください。
» アフィリエイトの稼ぎ方を徹底解説!

この記事の筆者
なかじ(中島大介)
名前:なかじ(@ds_nakajima)

株式会社メリルの代表取締役。ブログとアフィリエイトで月1000万円達成。

ブログ、アフィリエイトに関してはYouTubeチャンネル「ウェブ職TV」でも情報発信しています。

2019年5月には子育ての悩みを産婦人科医や保育士などの専門家に無料相談できる「子育て相談ドットコム」をリリース。

ブロガー、アフィリエイターのためのコワーキンスペース「ABCスペース」を名古屋でオープンしました。