• アドセンス申請前に基本情報を知りたい
  • 合格するためのコツを押さえたい
  • アドセンスに受からないときの改善点を教えて欲しい

Googleアドセンスとはクリック型の課金広告です。審査に通ったサイトやブログだけが広告を掲載することができます。

ページ内容によって自動的に最適な広告が表示されることが特徴です。1クリックあたりの報酬も広告によって変わります。

クリックだけで報酬が手に入り初心者でも始めやすいですが、アドセンス審査に受からないという声をよく聞きます。

なかじ
10年前からアドセンス審査を受けている僕でさえ落ちるときがあります。

Googleアドセンスの審査に合格するには、Googleの理念を理解しポイントを押さえることが重要です。

この記事ではアドセンス審査に合格するためのコツと、受からなかったときの対処法を解説します。

アドセンスに落ちてしまった人は、この内容を実践すればアドセンスに合格する可能性が上がります。またブログの収益を増やすチャンスにもなるので、ぜひ最後まで読んでください。

アドセンス審査の目的は適切なサイトを選ぶこと

アドセンス審査とは広告を掲載するために適切なサイトやブログを選ぶための工程のことです。

Googleは広告のみで収益を出している企業で、クライアントの広告をサイトやブログに掲載し収入を得ています。Googleが質の高いサイトを選ぶのは、成約率が高い場所にクライアントが広告掲載を希望するからです。

そのためアドセンス審査には厳しい規則が設けられています。少しでも違反していると審査を通過することはできません。

アドセンスの審査はブログ初心者にとって最初の難関です。

なかじ
十分な情報を得たうえで審査に合格するサイトを作りましょう。

Googleはアドセンスに関する情報を多く公開しているので、最初に目を通しておくことをおすすめします。
» アドセンスの基本情報

昔のアドセンス審査の基準

以前はサイト内に1記事500文字の記事が10本あれば合格できたり、無料ブログの日記のような内容でも普通アドセンス審査に通ったりしていました。

しかし2016年にアドセンスの審査基準が大幅に変わり、合格するのが難しくなったのです。

現在は無料ブログではなく独自ドメインでのブログ運営が基本。さらに文字数や記事数だけでなくコンテンツの質にまで言及しています。

アドセンス合格のための注意事項は以前より増えました。しかし目先のテクニックに走る前に、まずはGoogleの経営理念を理解しましょう。

なかじ
Googleの求めることがわかれば、アドセンス合格に近づくことができます。

合格の秘訣はGoogleが求めるものを理解すること

Googleアドセンスの審査に合格したいのであれば、Googleが求めるものを把握することが重要です。

ここでは絶対に理解して欲しい2つのポイントを紹介します。

  • Googleが掲げる10の事実
  • 品質に関するガイドライン

Googleが掲げる10の真実

Googleが掲げる10の事実」には、Googleが目指す10個の項目が書かれています。

  1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる
  2. 1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番
  3. 遅いより速い方がいい
  4. ウェブ上の民主主義は機能する
  5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない
  6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる
  7. 世の中にはまだまだ情報があふれている
  8. 情報のニーズは全ての国境を越える
  9. スーツがなくても真剣に仕事はできる
  10. 「すばらしい」では足りない

アドセンス審査に合格するため重要な項目は以下の5つです。

  • ユーザーに役立つ価値あるブログを作る
  • ページ表示速度を速くする
  • モバイルフレンドリー
  • 最新情報を提供する
  • 他サイトから被リンクをもらえるコンテンツを作る

上記のポイントを意識してGoogleが求めるサイトを作りましょう。

なかじ
Googleの経営理念で一番大切なのはユーザーファースト!

品質に関するガイドライン【4つ】

Googleが公開している「Google品質に関するガイドライン」はSEO的にも重要なので、必ず読みましょう。

品質に関するガイドラインを読むことで、Googleが高く評価するサイトや作らない方がいいサイトの特徴がみえてきます。

このガイドラインで重要なことは次の4つです。

  • ユーザーの利便性が最優先
  • ユーザーをだますようなことはしない
  • 検索エンジンでの掲載位置を上げるための不正行為はしない
  • 独自性、価値、魅力あるサイトにする

自分のブログが上記の条件を満たしているかどうかよく考えてみましょう。

「独自性、価値、魅力あるサイトにする」は初心者にとってハードルが高いです。まずは読者が読みやすい記事を書くことを目指しましょう。
» ブログで読みやすい記事の書き方

「ユーザーの利便性が最優先」を叶えるためには、ページスピードを上げるなどのSEO対策も関係してきます。Googleの理念を押さえながら、初心者にもわかりやすくユーザビリティ向上を解説している下記の記事を参考にしてください。
» 初心者向けSEO対策の基本

Googleが考えるNGなアフィリエイトサイト

Google品質に関するガイドライン」にはGoogleがやってほしくない内容も詳しく書いています。

Googleが考えるNGなアフィリエイトサイト例は次の5つ。

  • 内容が薄い
  • 付加価値がない
  • 差別化できる十分な独自性のあるコンテンツが無い
  • 情報が企業サイトから転載したものばかり
  • アフィリエイトリンクばかりのサイト

上記の5つに当てはまるサイトは、アドセンス審査に通りにくくなるので注意してください。

なかじ
やってはいけない5つのポイントをチェックして改善しましょう。

Googleが求めているのはユーザーに価値のあるサイト

SEOで上位表示させたりアドセンスの審査に通すためには、ブログに付加価値を持たせることが重要です。

Googleが考える付加価値とは何か、3つのポイントに絞って説明します。

  • 商品レビュー、商品比較、など独自性のあるコンテンツ
  • 掲示板やフォーラムなどのコミュニティの場が設けられている
  • テーマに一貫性のある最新情報がある

Googleは上記のようなコンテンツがあるブログを、付加価値があり有益だと考えています。

商品レビューや商品比較は一次情報のため独自性のある内容と判断されます。

掲示板やフォーラムはテーマの情報が集まる場として読者にとって有益です。

ユーザーファーストのGoogleは、読者に専門性の高い最新情報を届けたいと思っています。

付加価値を持つブログはアドセンス審査にも通りやすくなるので、上記の3つのポイントを考えてブログ運営をしましょう。

なかじ
アドセンス審査合格のため、ユーザーに価値のある独自性の高いブログを作ることが重要!

アドセンス審査に合格するためのコツ【5つ】

アドセンス審査に合格するためのポイントは5つです。

  • コンテンツの質
  • コンテンツの量
  • 広告リンクを外す
  • 禁止コンテンツの削除
  • ブログ運営歴は長い方が有利

詳細は下記の公式サイトを参照してください。
» Googleアドセンスのプログラムポリシー

①コンテンツの質

どこにでもあるような内容の薄い記事はNG。他の記事を真似して書くこともコピーコンテンツと認識される危険性があるので注意しましょう。

読者にとって有益な記事を書くことはブログ初心者には難しいもの。高品質な記事を書くことはベテランでも簡単ではなく、かなりの経験が必要です。

なかじ
アフィリエイト歴16年の僕でも毎回苦労して記事を書いています。

有益なコンテンツを提供するには勉強したうえでたくさんの記事を書くことが基本なので、時間とお金がかかります。

読者に役立つ記事を書くためにブログ初心者が意識するべきことは次の3つです。

  • 網羅的な情報を提供する
  • 独自性の高い情報
  • 記事の見た目を整える

網羅的な情報を提供する

読者は1記事内で自分の知りたいこと全てが書かれていれば満足します。そのため読者が知りたい情報を全て取り入れて記事を書くことが重要です。

現在は網羅的な情報が求められています。読者が何を知りたいのかをしっかり考えて記事を書きましょう。

網羅的な記事を書くことができれば1記事3000文字を超えることが多いです。親切丁寧に書くことで必然的に文字数は増えていきます。

網羅性を意識すれば、昔のように1記事500文字という記事はほとんどありません。

文字数は手間や記事内容によって大きく変わりますが、2000文字以下の記事は要注意。読者の知りたいことが全て書かれているか再度チェックしましょう。

なかじ
アフィリエイト歴16年の僕でも毎回苦労して記事を書いています。

網羅性の高い記事は最低でも3000文字くらいはあるはずです。

独自性の高い情報

独自性の高い情報とは新商品のレビューや自分の体験談など、他のサイトと異なるコンテンツのことです。

このような記事は他のブログに書かれていない最新情報なので、Googleは独自性の高い記事と判断します。

その他にも独自性の高い情報には、独自アンケートやオリジナルの画像などが含まれます。

ブログ記事には他のサイトとは異なる情報を入れ、自分が情報源になるような記事を目指しましょう。

独自性が高く価値のある情報を書くことでGoogleにも読者にも喜ばれます。

どこでも読める内容ばかり書いた記事は評価されにくいので注意してください。

なかじ
他のブログとの差別化を意識すると独自性の高い記事を書くことができます。

記事の見た目を整える

記事に画像を入れたり文字に装飾を施したりすることで記事の見た目は良くなります。

内容だけで記事の良し悪しが決まるわけではなく、記事全体の見た目も読みやすさに大きく影響するのです。

読みやすい記事を書くためには、箇条書き、表、引用などを積極的に使うようにしましょう。

なかじ
画像はできるだけオリジナルの写真や図解などを使うと、読者やGoogleの評価も高くなります。

下記の記事と動画ではWebライティングの基本を解説しています。
» SEOに強いWebライティング講座

②コンテンツの量

アドセンスの審査に合格したければブログにある程度の記事数が必要です。

記事数が少ないとGoogleはまだ制作途中のブログと判断するので、アドセンス審査に受かることができません。

ブログのテーマや規模にもよるため具体的な必要記事数は示されていませんが、10記事程度ではアドセンス審査に通りづらいことが事実です。

なかじ
記事数が◯本あれば絶対に大丈夫とはいえない。

記事数を増やすだけでなく、一貫性のあるテーマで書くことも重要です。

さまざまなテーマで記事を書いてしまうと十分なコンテンツがないと判断され、審査に通りにくくなるので注意してください。

ブログにたくさん記事がある場合は各記事の品質を確認しましょう。

記事の品質に重要なのは次の3つです。

  • 独自性の高い情報
  • 網羅的な記事
  • 読者にとって有益な情報

品質の低い記事があれば完成度の高い記事になるようにリライトしてください。

記事の本数が少なくてアドセンス審査に落ちるのは本当にもったいないです。

なかじ
焦らずに高品質な記事を積み上げて、アドセンス合格を目指しましょう。

SEO対策にもなるリライトの方法は下記の記事と動画で詳しく説明しています。
» 検索順位に応じたリライト方法

③審査中は広告リンクを外す

アドセンスの審査中には広告リンクを外しましょう。

収益目的のため読者に価値のないコンテンツを提供するアフィリエイトサイトをGoogleは嫌っています。

自分の収益よりも読者にとって役に立つコンテンツかどうかが重要なのです。

広告ばかり貼っているサイトはGoogleから低評価を受けるので注意してください。

アドセンス審査を受けるときはアフィリエイトリンクを外し、審査に通った後設置しましょう。

万が一アフィリエイトリンクをすべて外しても審査に落ちるようであれば、Amazonや楽天市場のリンクも全て外してください。

アドセンスの審査に通らないブログは運営期間が短く記事数も少ないことが多いです。

アクセスもほとんどないことが多いので、広告リンクは外してしまっても収益に大きな影響はありません。

なかじ
アドセンス審査中は念のため広告リンクを外しましょう。

④禁止コンテンツの削除

ブログのコンテンツがGoogleの禁止コンテンツに該当していると、アドセンスの審査に受かることはできません。

禁止コンテンツとは次のようなものです。

  • アダルトコンテンツ
  • 差別的で誹謗中傷するようなコンテンツ
  • 著作権に抵触するコンテンツや画像
  • 薬物、アルコール、タバコに関連したコンテンツ
  • 法律に違反するような内容を扱っているコンテンツ

直接禁止コンテンツを扱っていなくても、これらに関連する文章やキーワードがある場合は全て削除してください。

禁止コンテンツのキーワードがひとつでも入っているとアドセンス審査に受からないケースがあります。

詳しくは「Googleサイト運営者ポリシー」を参照してください。

⑤ブログ運営歴は長い方が有利

開設直後のブログはアドセンス審査に通りづらい印象があります。

僕自身も開設直後のブログでアドセンスの審査に落ちたことがあります。そのブログには品質に問題ない記事が20記事以上入っていました。

コンテンツの品質や量に問題がないのにアドセンス審査に受かることができない場合は、しばらく待ってから再審査に出しましょう。

なかじ
ブログ開設から3~6ヶ月ぐらいしてから、もう一度審査に出すのがおすすめ。

開設直後はアドセンス審査に落ちたブログでも、半年後に再審査したら合格した例があります。

ブログを開設したばかりでアドセンスの審査に通ったとしても月に数十円程度しか稼ぐことができず、収益はほとんど期待できません。

初心者はアドセンス審査を気にせずにブログを運営してください。まずは読者に喜ばれるブログ作りに注力しましょう。

読者に役に立つ有益なブログができれば、アドセンス審査合格もアクセスを集めて収益を上げることも可能となります。

アドセンス合格よりも読者の悩みを解決できるブログ作りが重要です。

アドセンスの審査期間について

アドセンスの審査にかかる日数はバラバラです。申請後の翌日に受かることもあれば、2~3週間かかることもあります。

Googleアドセンスの公式サイトには「アドセンスに再申請した場合は、審査に3日間かかる」と明記されています。

アドセンス審査に受からないときの対処法【5つ】

アドセンス審査合格のコツ5つを実行しても審査に落ちてしまったときは、ブログのコンテンツではなく技術的な問題に陥っているかもしれません。

アドセンス審査に落ちたときにできる対処法は次の5つです。

  • 運営者情報を公開する
  • お問い合わせフォームを設置する
  • プライバシーポリシーを入れる
  • Google Search Consoleに登録する
  • Google Analyticsに登録する

運営者情報を公開する

運営者情報を公開した方がアドセンス審査を通過するには有利です。Googleは広告掲載に適したサイトかどうかを確認するためアドセンス審査を行っています。

そのため運営者情報が公開されていないサイトは信用されないことがあるので注意が必要です。

運営者情報は本名でなくニックネームやハンドルネームでもOK。何が得意でどのような情報を発信しているのか簡単に自己紹介しましょう。

また自分の仕事に関する情報を発信している人は、職歴をプロフィールに書くと専門性が上がるのでおすすめです。

僕は会社を経営しているので、本名、オフィスの住所、電話番号など全て公開しています。これらの情報は信頼性が増しSEO対策にもなるので一石二鳥です。

個人ブログの場合は難しいかもしれませんが、自分の情報を公開すると読者とGoogleに信用してもらうことにつながります。

なかじ
運営者情報はサイトの信用性にかかわるので必ず書きましょう。

お問い合わせフォームを設置する

お問い合わせフォームを設置するとGoogleは信頼できるサイトと判断してくれます。質問や疑問があるときサイト運営者に連絡が取れるのでユーザーにとっても便利です。

お問い合わせフォームを設置すると苦情がたくさんくるのでは?と心配する方もいますが、実際は読者からの質問が多いです。

読者の質問に丁寧に答えればファンになってもらえます。また読者の視点からヒントを得て、足りないコンテンツを書き足すことも可能です。

お問い合わせフォームはGoogleフォームから無料で作成することができます。連絡先のテンプレートを活用しましょう。

プライバシーポリシーを入れる

個人ブログでもお問い合わせフォームやアクセス解析などを通してお客様の個人情報に接するため、プライバシーポリシーの表示は必要です。

ブログ運営で得た個人情報をどのように利用しているのか明記しましょう。

あわせて免責事項も書くことが重要です。

免責事項とはブログで紹介した商品を購入し不備があっても、ブログ運営者は責任を問われないという覚書です。

例えば「ブログを通して化粧品を買ったが肌が荒れてしまったので責任を取って欲しい」という場合にも免責事項を書いておけば責任を回避することができます。

しかし、責任が回避されるからといって嘘の情報を書いてはいけません。

なかじ
プライバシーポリシーには個人情報の取り扱いと免責事項を書きましょう。

Google Search Consoleに登録する

Google Search Consoleとはサイトの検索キーワードや掲載順位を解析できる無料ツールです。

読者がどのようなキーワードでサイトに訪れどのページをクリックしたのか、表示回数までわかります。

Googleはサイト運営者に対してGoogle Search Consoleを使うことを奨励しています。

Google AdSenseが奨励している理由は下記の3つ。

  • Googleの視点から問題を発見できる
  • リンクとアクセスのトラフィックを確認できる
  • サイト情報を検索エンジンと共有できる

ブログを開設したばかりでまだGoogle Search Consoleを設置していない人はすぐに設置してみましょう。

なかじ
Google Search Consoleはブロガー必須の無料ツールです。

Google Analyticsに登録する

Google Analyticsとはサイト内のアクセスを解析してくれる無料ツールです。

Google Analyticsを利用するとユーザーの数や属性、アクセス先、閲覧ページ、使われたデバイスなどさまざまな情報がわかります。

GoogleアドセンスとGoogle Analyticsの情報を統合させると、詳細なレポートが作成され収益の増やし方に役立つのです。

ブログを作ったばかりだとアクセスがほとんどないので、Google Analyticsは必要ありません。しかしブログを運営し半年過ぎたころから活躍し始めるので、事前に登録しておきましょう。

Google Search ConsoleとGoogle Analyticsの違いは、前者がサイトに来るまでのアクセス分析、後者がサイトに来てからの行動分析と考えて下さい。

どちらのツールもサイト運営には欠かせない無料ツールです。

なかじ
Googleと自分のサイト情報を共有できるので、アドセンス審査にも有利と覚えておきましょう。

アドセンスの収益はいくら?

アドセンスの収入は広告の種類によって異なります。

基本的な収益の計算方法は次の通りです。

「クリック率×平均クリック単価=アドセンス収益」

アドセンス収益の計算例

  • クリック率1%
  • 平均クリック単価20円
  • 1日10,000PVのブログ

100回(クリック数)×20円(単価)=2,000円/日

2,000円×30日=1ヶ月60,000円の収益

上記はサンプルなので、クリック率やクリック単価によって収益は変わります。

なかじ
毎月自動的に広告収入があるのは嬉しいですね。

アドセンス合格には読者に有益なサイトを作ることが重要

この記事ではアドセンス審査に合格するコツと受からなかったときの対処法を解説しました。

アドセンス審査合格のためのコツは次の5つです。

  • コンテンツの質
  • コンテンツの量
  • 審査中は広告リンクを外す
  • 禁止コンテンツの削除
  • ブログ運営歴は長い方が有利

Googleの企業理念は「ユーザーファースト」なので、読者に役立つサイトを作ることが最優先となります。

上記コツを意識してもアドセンス審査に通ることができなかったときは、次の5つの対処法を実践してください。

  • 運営者情報を公開する
  • お問い合わせフォームを設置
  • プライバシーポリシーを入れる
  • Google Search Consoleに登録する
  • Google Analyticsに登録する

アドセンス審査に受からないときは、時間をおいて再度挑戦しましょう。

アドセンスはクリック型の課金広告のため、アフィリエイトよりも簡単で初心者向けといえます。

しかし、お金を稼ぐ前に読者の悩みを解決して役立つサイトを作ることが大切です。

なかじ
有益なサイトには人が集まり、アクセス数がアップすればアドセンスの収入も自動的に上がります。

読者が満足してくれる記事を書く自信がないブログ初心者には、次の記事と動画も参考にしてください。
» 読者満足度を上げる先読みライティング

初心者におすすめするアフィリエイトの始め方や稼ぎ方は次の記事を参考にしてください。
» 初心者向けアフィリエイトの稼ぎ方!

この記事の筆者
なかじ(中島大介)
名前:なかじ(@ds_nakajima)

株式会社メリルの代表取締役。ブログとアフィリエイトで月1000万円達成。

ブログ、アフィリエイトに関してはYouTubeチャンネル「ウェブ職TV」でも情報発信しています。

2019年5月には子育ての悩みを産婦人科医や保育士などの専門家に無料相談できる「子育て相談ドットコム」をリリース。

ブロガー、アフィリエイターのためのコワーキンスペース「ABCスペース」を名古屋でオープンしました。