• 共起語は記事内にたくさん書けばいいの?
  • 共起語を使えば必ず上位表示できる?
  • アフィリエイトで稼ぐために共起語の正しい使い方を知りたい!

SEO対策において共通語は重要です。記事内で共起語が適切に使われているかGoogleも重要視しています。

この記事では、SEO対策で重要な共起語を解説します。 SEOで上がらない、いい記事を書けないと悩んでいる人は最後までご覧ください。

なかじ
この記事を最後まで読むことで、共起語を使うメリットや上手な共起語の使い方がわかります。

メインキーワードと関連度の高い共起語を使い、Googleおよび読者の両方から好かれるアフィリエイト記事を書きましょう。

アフィリエイトに重要な共起語とは

共起語とはメインキーワードと関連度が高く、一緒に用いられることが多いキーワードのこと。アフィリエイトで共起語を意識して使うことは、SEO対策になるので重要です。

例えば「アフィリエイト」の共起語には次のようなものがあります。

  • 成果報酬
  • PPC 広告
  • 検索エンジン
  • Google
  • Yahoo
  • ASP
  • A8.net
  • afb
  • ブログ
  • WordPress

共起語を使わずに「アフィリエイト」の説明をすることは難しいもの。説明できたとしても、正しく「アフィリエイト」について理解できる説明はできません

適切に共起語を使うことで、言葉の意味を正しく伝えられます。

アフィリエイトで共起語を使うメリット

アフィリエイトで共起語を使うことには3つのメリットがあります。ブログ初心者は共起語を使うといい記事を書けることが多いので、それぞれ確認しましょう。

  • SEO対策になる
  • 読者満足度上がる
  • 記事が書きやすくなる

SEO対策になる

共起語を使うことでSEO対策になります。記事内で共起語が適切に使われているかどうか、Googleも重視しているのです。

SEOで上がらない時は共起語を意識してみてください。メインキーワードに関連するキーワードを使うことで、上位表示できる可能性が高くなります。

共起語とともにSEO対策で意識すべきことは次の記事と動画を参考にしてください。
» SEO対策の基本を初心者向けに徹底解説

読者満足度が上がる

共起語を使うと読者満足度の高い記事が書けます。検索キーワードと共起語は関連度が高いため、読者は正しく理解してくれるのです。

関連度の高いキーワードが登場しないと読者は正しく理解できません。読者が理解できないと感じる記事は読者満足度が低くなります。

例えば「アフィリエイト」を説明する時の悪い例は次の通りです。

悪い例

アフィリエイトは企業の商品やサービスを紹介して報酬を得るものです。

共起語を使わない記事は具体性に欠き、読者満足度が下がってしまいます。

なかじ
離脱率が高くなりSEOにも悪影響を与えてしまうので、共起語を使い読者にわかりやすい記事を書きましょう。

記事が書きやすくなる

共起語を使うとアフィリエイト記事が書きやすくなります。関連度が高いキーワードを使うことで具体的な説明ができるようになるのです。

例えば「アフィリエイト」を説明する時は次のような説明ができます。

アフィリエイトの説明例

アフィリエイトとはA8.netやafbなどのASPを介して、企業の商品やサービスをブログなどで紹介し成果報酬を得るものです。

アフィリエイト記事を書くときは検索意図やペルソナをヒントにします。ヒントは多い方が記事が書きやすくなるものです。

共起語も記事を書くためのヒントになります。コンテンツが不足しないよう、共起語を使って網羅的に記事を書きましょう。

アフィリエイト記事でペルソナを設定する重要性は次の記事と動画を参考にしてください。
» ペルソナの重要性を初心者向けに解説!

共起語の見つけ方

共起語は自分の頭で考えることが多いのですが、初心者が共起語を考えるのは難しいもの。

初心者でもすぐにできる共起語の見つけ方を2つ解説します。

  • 共起語検索ツールを使う
  • サジェストキーワードを調べる

共起語検索ツールを使う

共起語を見つける時は「共起語検索」「共起語分析ツール」というツールを活用しましょう。

どちらのツールもメインキーワードを入力すると共起語が表示されます。例えば「アフィリエイト」で検索すると次のような結果が表示されます。

「共起語検索」の結果です。

「共起語分析ツール」の結果です。

メインキーワードを入力するだけで初心者でも簡単に共起語を見つけられます。

共起語検索ツールで表示された共起語が全てではない

ツールだけでアフィリエイト記事作成に必要な共起語を全て見つけられるわけではないので注意しましょう。ツールで表示された検索結果をもとに、自分の頭を使って共起語を考えてみてください。

ブログやアフィリエイトに役立つツールは次の記事と動画でも解説しています。
» ブログやアフィリエイトで人気のツール

サジェストキーワードを調べる

サジェストキーワードも共起語を見つけるヒントになります。サジェストキーワードとは、検索窓にメインキーワードを入力したとき表示される検索候補キーワードのことです。

サジェストキーワードを一括取得する時はラッコキーワードを活用しましょう。 キーワードを入力すると大量のサジェストキーワードが表示されます。

例えば「アフィリエイト」で検索すると次のような結果が表示されます。

ただしサジェストキーワード=共起語ではありません。サジェストキーワードは共起語を考える材料として使ってください。

検索結果から考える

共起語は検索結果から考えることも可能です。

SEO対策のため上位記事の共起語調査はよく行われます。上位記事で使われている共起語を自分の記事にも取り入れましょう。

上位記事の共起語調査はSEO診断チェックツールを活用してください。記事内で登場するキーワードの使用頻度を簡単に調べられます。

なかじ
上位記事で使用頻度が高いキーワードは自分の記事にも取り入れることでSEO的に評価が高くなることは間違いありません。

キーワード選定方法は次の記事と動画を参考にしてください。
» ブログ初心者向けキーワード選定方法

共起語を使ったアフィリエイト記事の書き方

共起語を使ったアフィリエイト記事の書き方を紹介します。おすすめは次の手順です。

  1. 最初は共起語を使わずに記事を書く
  2. 記事が書けたら共起語を使えそうなところを探す
  3. 自然に共起語を使う

記事内で共起語を使えば上位表示できたり読者満足度の高い記事が書けたりするわけではありません。適切に共起語を使わないとSEOでマイナスになることもあります。

共起語は文章中で自然に使うことが重要です。共起語を使って記事を書いた結果、不自然な文章になって読者満足度が下がってしまえば意味がありません。

共起語を使う時は次の2つを意識してください。

  • 関連性が高い共起語を使う
  • 読みやすさを意識して使う

関連性が高い共起語を使う

共起語はメインキーワードと関連性の高いキーワードを使ってください。関連性が低いキーワードを使ったとしてもSEO的に効果は薄く、読者満足度も上がりません。

ラッコキーワードで「アフィリエイト」と検索すると、「アフィリエイト 中学生」というサジェストキーワードがあります。

検索意図は「中学生でもアフィリエイトができるかどうか」です。しかしアフィリエイトと中学生の関連度は低いと考えらるため、アフィリエイトの共起語として中学生は採用しません。

表示されたサジェストキーワードの中からメインキーワードと関連性の高い共起語を判断しましょう。

なかじ
上位記事に「中学生」が含まれている記事があれば、共起語として中学生を採用することも検討します。

読みやすさを意識して使う

共起語は読者の読みやすさを意識して適切に使う必要があります。共起語を詰め込んだ記事は不自然な文章になるので注意してください。

キーワードの使用頻度を上げれば上位表示できるわけではありません。キーワードを詰め込んだだけの不自然な文章は低品質コンテンツとしてSEOで低評価になります。

記事内に共起語を詰め込みすぎるとスパム扱いされることがあるので気を付けましょう。不自然な文章になるくらいなら共起語は意識しない方がいいです。

現代のSEOは検索意図を満たし読者の役に立つコンテンツが求められます。共起語を使う時は読者満足度や読みやすさを意識してください。

読者満足度の高い記事を書けば共起語は記事内で自然に使われることが多くなります。

読みやすい記事の書き方は次の記事と動画も参考にしてください。
» ブログで読みやすい記事の書き方とコツ

共起語を使ったアフィリエイト記事で稼げるようになろう!

共起語はメインキーワードと関連が高く、一緒に用いられることが多いキーワードです。

共起語には3つのメリットがあります。

  • SEO対策になる
  • 読者満足度が上がる
  • 記事が書きやすくなる

初心者にとって共起語は記事を書くヒントにもなります。読者の読みやすさを意識して適切に使いましょう。

共起語を見つける時はキーワードとの関連度の高さで判断しましょう。関連度が低いキーワードを使ってもいい記事を書くことはできません。

現代のSEOでは検索意図を満たし読者の役に立つコンテンツが求められます。キーワードを詰め込んだだけの記事では読者満足度が上がらないだけでなくSEO的にもマイナス評価です。

共起語を使った結果、不自然な文章になって読者満足度が下がれば意味がありません。

なかじ
共起語を記事内に詰め込みすぎるとスパム扱いされることがあるので注意してください。

共起語を適切に使って読者にもGoogleにも好まれる記事を書きましょう。

SEO対策で意識すべきことは次の記事と動画を参考にしてください。
» SEO対策の基本を初心者向けに徹底解説

この記事の筆者
なかじ(中島大介)
名前:なかじ(@ds_nakajima)

株式会社メリルの代表取締役。ブログとアフィリエイトで月1000万円達成。

ブログ、アフィリエイトに関してはYouTubeチャンネル「ウェブ職TV」でも情報発信しています。

2019年5月には子育ての悩みを産婦人科医や保育士などの専門家に無料相談できる「子育て相談ドットコム」をリリース。

ブロガー、アフィリエイターのためのコワーキンスペース「ABCスペース」を名古屋でオープンしました。