トピッククラスターとは?SEO効果を高める作り方と4つのメリット

トピッククラスターとは?SEO効果を高める作り方と4つのメリット

WEBサイトを作る際、以下のような悩みを持つ人が多いです。

  • SEOを強化したいけど、何から始めればよいか分からない
  • SEO対策がうまくいかず、検索順位が上がらない
  • コンテンツを作成しても、検索エンジンの評価が低い

SEO対策は、多くのサイト運営者にとって頭を悩ませる問題です。正しい手法を取り入れないと、どんなに良いコンテンツを作っても検索エンジンから評価されません。この記事では、トピッククラスターとは何かを説明し、作り方とメリットを解説します
» SEO対策とは?やり方を徹底解説

トピッククラスターは、メイントピックとサブトピックを組み合わせた構造です。検索エンジンにテーマの専門性を示し、ユーザーも情報を探しやすくなります。検索エンジンのクローラーが効率良くページをインデックスできます。

記事を読めば、トピッククラスターの基本構造と作り方が分かり、効率良くSEO対策が可能です。検索エンジンからの評価が上がり、検索順位上位を狙えます。記事を参考にして、サイトのSEO対策を強化してください。

トピッククラスターはメインとサブトピックの組み合わせ

トピッククラスターは、専門性の高いコンテンツを体系的に整理する方法です。トピッククラスターは、メイントピックとサブトピックを組み合わせた構造です。メイントピックに関連するサブトピックのページを作成し、内部リンクで結びます。

内部リンクで結ぶと、検索エンジンにテーマの専門性を伝えられます。ユーザーが情報を探しやすく、検索エンジンのクローラーがページを効率的にインデックスできる点もメリットです。ロングテールキーワードにも対応しやすく、サイト全体のSEO評価を高められます。
» インデックスされない原因と対処法

トピッククラスターの基本構造

トピッククラスターの基本構造は、3つの要素から成ります。

  • ピラーページ
  • クラスターページ
  • 内部リンク

「ピラーページ」は1つのテーマについて広範かつ包括的に説明する役割があります。「クラスターページ」はピラーページのトピックを詳細に掘り下げて説明します。ピラーページとクラスターページをつなぐ「内部リンク」はユーザーが関連する情報を簡単に探し出すための橋渡しです。

3つの基本構造によりユーザーの回遊性が高まります。有益な情報が掲載されれば、ユーザーの満足度も向上し、検索エンジンからの評価も上がります。トピッククラスターの基本構造は、SEO対策において非常に効果的です。

トピッククラスターの歴史

トピッククラスターはSEO戦略の一環として、関連性の高いコンテンツを提供するために発展してきました。2000年代初頭のブログやWEBサイトのコンテンツは個別に作成され、つながりがありませんでした。

2010年代に入り、SEOの重要性が増し、内部リンク構築が注目され始めます。2013年にGoogleのアルゴリズム「Hummingbird」が導入され、コンテンツの関連性と深さが評価されるようになりました。

2015年以降、クラスター型モデルが提唱されます。クラスター型モデルは、テーマごとにコンテンツを集約し、内部リンクでつなぐ手法です。ユーザーは関連情報を効率よく探せるようになり、サイトの評価も向上しました。2017年にHubSpotが「トピッククラスター」の概念を発表し、SEO戦略に革新をもたらしました。

現在、トピッククラスターは効果的なSEO戦略として広く認識され、活用されています。トピッククラスターを取り入れると、サイトの評価が上がり、検索エンジンでの順位も向上しやすいです。

トピッククラスターの構成要素

トピッククラスターは3つの要素から構成されます。サイト全体の情報を整理し、ユーザーと検索エンジンに使いやすい構造にするために必要です。

  • ピラーページ(メイントピック)
  • クラスターページ(サブトピック)
  • 内部リンク

ピラーページ(メイントピック)

ピラーページ(メイントピック)は、広範なテーマを扱うページです。トピッククラスターの中心となり、SEOにおいて非常に重要な役割を果たします。重要な理由はメイントピックが多くの情報を含み、深いコンテンツであるからです。

メイントピックの特徴は以下のとおりです。

  • 広範なテーマ
  • 詳細な情報
  • SEOターゲットキーワード
  • 多くの内部リンク

メイントピックと他の関連ページ(クラスターページ)との内部リンクを通じて、情報の網羅性を高めます。ユーザーは必要な情報へ簡単にアクセスでき、サイト全体の評価も向上するでしょう。

クラスターページ(サブトピック)

クラスターページ(サブトピック)は、特定のサブトピックに焦点を当てて、内容を詳しく掘り下げるために作成されます。メイントピックであるピラーページを補完し、訪問者により深い情報を提供するためです。

ピラーページが「SEOの基礎」というテーマの場合を解説します。クラスターページは「オンページSEOのテクニック」や「リンクビルディングの方法」などの詳細を説明すると良いです。

訪問者は必要な情報を1記事で網羅的に得られます。クラスターページとピラーページを内部リンクさせれば、検索エンジンからの評価も高まります。

専門的な情報の提供が目標で、ユーザーの質問に答える内容がおすすめです。専門的な情報は、エンゲージメントを高め、WEBサイト全体の信頼性を向上させます。

内部リンク

内部リンクは、サイト内のページ同士をつなぐリンクです。検索エンジンは内部リンクを通じてサイト全体の構造を理解します。ユーザーは内部リンクをたどって関連する情報を簡単に見つけられます。ユーザーによるサイト内の回遊は、滞在時間の延びに効果的です。

ピラーページからクラスターページ、反対にクラスターページからピラーページへ内部リンクをさせます。ダイエット方法のピラーページがあったら「有酸素運動」「筋トレ」「食事管理」などのクラスターページへリンクさせるのがおすすめです。

内部リンクはサイト全体のナビゲーション性を高め、ユーザーエクスペリエンスの向上に役立ちます。
» 内部リンクとは?SEO効果と最適化する方法を解説!

トピッククラスターのメリット

トピッククラスターのメリットは以下の4つです。メリットを実行すれば、効率よく検索結果で上位を狙えます。

  • サイト構造が整理される
  • 情報の網羅性が高まる
  • ロングテールSEOとの相性が良い
  • カニバリゼーションを防げる

サイト構造が整理される

サイト内のコンテンツが論理的に整理されるため、ユーザーが目的の情報にたどり着きやすいのがメリットです。ユーザーの満足度が向上し、再訪問率も高まります。サイト構造が整理されれば、検索エンジンがサイトの内容を理解しやすいです。

サイト全体のナビゲーションが改善されると、内部リンクの効果が高まります。重要なページが目立ち、検索結果の順位が向上する可能性があります。

サイトの階層構造が明確だと、コンテンツの重複を避けられ、サイトマップの管理が容易です。

情報の網羅性が高まる

トピッククラスターは、情報の網羅性を高められます。ユーザーが求める情報を1つのサイトで完結でき、利便性が向上します。ユーザーが有益な情報を得られるよう、テーマの情報を総合的に記載してください。

ユーザーに役立つ情報であればサイトの滞在時間が伸び、直帰率が下がる可能性があります。直帰率を低くして、サイトの信頼性や専門性を検索エンジンに伝えると良いです。

検索エンジンは内部リンクを通じて他の関連コンテンツへアクセスでき、サイト内で多くのページを閲覧します。検索エンジンのアルゴリズムがサイト全体を理解でき、上位表示されやすいです。トピック全体の理解が深まり、ユーザーエクスペリエンスが向上します。

ロングテールSEOとの相性が良い

トピッククラスターは、ロングテールSEOとの相性が良いです。相性の良い理由は多くのロングテールキーワードをカバーできるからです。ロングテールキーワードをカバーすれば、検索エンジンからの評価が高まります

ニッチな検索クエリにも対応可能です。長期的なトラフィック向上が見込め、高いコンバージョン率も期待できます。

メインのページがあり、サブトピックのページがいくつかぶら下がっていると考えてください。サブトピックのページが、それぞれ異なるロングテールキーワードを狙います。多くの検索クエリに対して、ぴったりのコンテンツを提供できます。トピッククラスターは、ロングテールSEOとの相性が良く非常に効果的です。

カニバリゼーションを防げる

カニバリゼーションは、競合する同じキーワードを避ければ防げます。同じトピックで異なるページが検索結果で競り合うのを回避することが可能です。サイトのコンテンツが整理されれば、ユーザーにとっても分かりやすく、混乱を避けられます。

トピックに対する検索エンジンの評価を1記事に集中させ、ページのオーソリティを高めてください。オーソリティが高いとSEO効果が増し、検索ランキングの向上が期待できます。

カニバリゼーションを防げば、サイト全体のパフォーマンスが向上します。ユーザーと検索エンジンに対して効果的なコンテンツを提供可能です。

トピッククラスターの作り方

トピッククラスターは、以下の手順で作成します。

  1. メイントピックとなるキーワードの選定
  2. ピラーページの作成
  3. クラスターページの作成
  4. 内部リンクの設計

メイントピックとなるキーワードの選定

メイントピックのキーワードを適切に選定すれば、検索エンジンからの流入が増えます。検索流入が増えれば、ターゲットユーザーに情報を届けやすくなります

以下のポイントを考慮してキーワードを選んでください。

  • 検索ボリュームが大きい
  • 競合が少ない
  • ロングテールキーワードを含む
  • ユーザーの意図に合致する
  • 関連性の高いキーワードを含む

上記にそってキーワードを選べば、トピッククラスターの効果を最大限に発揮できます。
» 検索ボリュームの調査ツールと具体的な調べ方を解説!

ピラーページの作成

ピラーページはユーザーが求める情報を一目で把握できるようにする役割を担います。ピラーページは、メイントピックに関する包括的な情報を提供。サブトピックの概要を紹介し、詳細な情報へリンクさせると良いです。読者が必要な情報にすぐにアクセスできるように構成します。

ユーザーの検索意図を満たす高品質で信頼性のあるコンテンツを提供します。サイト全体の信頼性が増し、検索エンジンからも評価されやすいです。

健康に関するピラーページを作成する場合、サブトピックとして「栄養」「運動」「睡眠」などの記事を用意してください。サブトピックにリンクを配置し、読者が詳細な情報へアクセスできるようにします。ユーザーは求める情報に迅速にたどり着け、満足度が高まります。

ピラーページの作成はトピッククラスター全体のナビゲーションとして効果的です。読者に使いやすいサイト構造にすると良いです。

クラスターページの作成

クラスターページはサブトピックを深掘りし、ユーザーの検索意図に応えるコンテンツとなるよう作成してください。検索意図を満たすコンテンツにより、サイト全体の評価を高められます。ユーザーに役立つ情報であれば滞在時間が延び、ページの評価が上がります。

クラスターページ同士やピラーページとの関連性を考慮して、内部リンクを配置すると良いです。関連のあるページ同士の内部リンクは、サイト全体のSEOを強化します。「ダイエット」というメイントピックがある場合、クラスターページは「食事制限」「運動方法」「サプリメントの選び方」などにします。

各クラスターページは、以下を含めると効果的です。

  • キーワードを選定し、キーワードに基づいたコンテンツを作成
  • ユーザーが求める高品質な情報を提供
  • メイントピックへのリンクを配置し、サイト全体のナビゲーションを強化

クラスターページを充実させれば、サイトの構造が整理されます。定期的に内容を見直し、新しい情報の更新を心がけてください

内部リンクの設計

内部リンクは、各ピラーページとクラスターページを相互リンクでつなぐのが基本です。ユーザーが関連する情報を見つけやすくなり、サイト全体の滞在時間が増えます。関連性の高いコンテンツ同士をリンクさせるのがコツです

健康に関するピラーページがある場合、食事や運動に関するクラスターページへのリンクを配置します。ユーザーは一貫した情報を得られ、検索エンジンからも高評価を受けやすいです。記事内のアンカーテキストは具体的で分かりやすく配置します。

アンカーテキストは具体的にする

「詳しくはこちら」ではなく「健康的な食事法について詳しくはこちら」のように具体的な内容がおすすめです。ユーザーがリンク先で得られる情報を理解しやすくなります。ピラーページからクラスターページへのリンクは明確な導線にしてください。

導線が明確だと、ユーザーが迷わずにリンク先へ進めます。クラスターページからピラーページへのリンクも配置すると効果的です。相互リンクにより、ユーザーはどのページからでも関連情報にアクセスできます

内部リンクの数は適度に抑えると良いです。過剰なリンクはユーザーの興味を削ぎ、SEOにも悪影響を及ぼします。重要なリンクはページの上部に配置し、ユーザーの目に留まりやすくします。サイト全体の内部リンク構造を図で可視化するのがおすすめです。

リンクの流れやバランスを確認でき、定期的にチェックできます。定期的なチェックにより、リンク切れがないか確認します。ユーザー行動を考え、効果的なリンク設計を心がけてください。

トピッククラスターを成功させるためのポイント

トピッククラスターを成功させるために以下のポイントを押さえると良いです。

  • 競合サイトの分析
  • 高品質なコンテンツの作成
  • 適切な内部リンクの配置

以上のポイントを押さえれば、効果的なトピッククラスターを作成でき、サイト全体のSEO対策の強化につながります。

競合サイトの分析

競合サイトがどのようにトピックを構造化し、SEOを最適化しているかを分析します。分析する理由は、自サイトの戦略を改善するために役立つからです。競合サイトのトピッククラスター戦略を分析すれば、どんなピラーページとクラスターページが存在するかを理解できます

競合サイトがどのように内部リンクを配置して、トラフィックを流しているかを分析すると良いです。内部リンクの分析は、自サイトのSEO最適化にも役立ちます。内部リンクの効果的な配置は、ユーザーの回遊率を高められるため、検索エンジンからの評価も上がるでしょう。

競合がどのキーワードをターゲットにしているかを把握すれば、自サイトにも適したキーワードを取り入れられます。競合が利用しているツールや手法を参考にすれば、効果的なキーワード選定が可能です。

競合サイトの情報がどれだけ有益で、ユーザーのニーズに応えているかを分析すれば、自サイトのコンテンツを充実させられます。質の高いコンテンツは、検索エンジンからの評価も高まり、トラフィックの増加につながります。サイト構造の整理とSEO最適化の具体例や、カニバリゼーション防止策も参考にすると良いです

競合サイトがどのようにサイト全体を整理し、SEOを最適化しているかを知れば、自サイトの改善点を見つけられます。競合サイトが抱える課題や改善点を参考にして、効果的なトピッククラスターを構築します。分析結果をもとに、自サイトのトピッククラスターを最適化し、競合より優れたサイトを作り上げてください。

高品質なコンテンツの作成

読者のニーズに応えられるよう、高品質なコンテンツを作成しましょう。オリジナルで信頼性の高い情報を含めると良いです。信頼性のある情報を提供すれば、読者の信頼を得られリピーターを増やせます。

オリジナルで信頼性の高い情報は以下を心がけて作成しましょう。

  • 読者の質問や悩みに答える形で記事を書く
  • 専門家の意見やデータを引用する
  • 実際の事例や体験談を紹介する

明確で簡潔な文章にすると、誰にでも理解しやすい記事になります。見出しや箇条書きを活用すると読みやすくなります。画像や動画を適宜利用すると分かりやすくておすすめです。文章だけで説明するよりも、画像や動画を使えば、読者の理解度が高まります

記事の内容を補足するグラフや図を挿入したり、説明が難しい部分は動画で解説したりするのがおすすめです。定期的にコンテンツを更新し、最新情報にすれば、記事の価値を維持できます。

SEOキーワードを自然に取り入れていれば、検索エンジンからの流入も期待できるでしょう。
» コンテンツSEOとは?目的とメリット、デメリットを解説!
» SEOに強い記事の書き方とポイントを解説!

適切な内部リンクの配置

適切な内部リンクの配置は、ユーザーの回遊性を高め、検索エンジンに対してサイト全体の関連性を示せます。

内部リンクの配置は、以下が効果的です。

  • トピックごとに関連ページをリンク
  • ピラーページとクラスターページ間のリンク
  • クラスターページ同士のリンク
  • ナビゲーションメニューやサイドバーへのリンク

トピックごとに関連するページへ相互にリンクすると、ユーザーが1つのトピックに関する情報を網羅的に得られます。ピラーページからクラスターページへリンクを張り、クラスターページからピラーページへリンクを戻すと良いです。相互リンクにより、サイト全体の構造が明確になり、SEO効果が高まります。

関連するクラスターページへリンクすると、ユーザーが興味を持つ記事に誘導できます。滞在時間が延び、検索エンジンにサイトの価値が高いと認識されやすいです。ナビゲーションメニューやサイドバーにも内部リンクを配置します。ユーザーがどのページからでも重要な情報にアクセスしやすくなります。

トピッククラスター作成に役立つツール

トピッククラスターは、以下のツールを使用すれば、キーワードの選定や分析がしやすいです。

  • ラッコキーワード
  • Googleキーワードプランナー
  • Ahrefs
  • Semrush

ラッコキーワード

ラッコキーワードを使用すると、関連性の高いキーワードを見つけられます。効果的なキーワード戦略も立てられます。キーワードを入力するだけで、関連する多くのサジェストキーワードの取得が可能です。サジェストキーワードの取得は、検索意図を正確に把握するのに役立ちます

検索ボリュームも確認でき、どのキーワードがどれだけの検索需要があるかも分かります。ラッコキーワードは効果的なキーワードリサーチを行うのに便利です。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、キーワードの調査と選定ができるツールです。SEO対策や広告キャンペーンを行う際に役立ちます。

Googleキーワードプランナーは、以下の機能を活用すると良いです。

  • キーワードの月間検索ボリュームの確認
  • キーワードの競合度の把握
  • キーワードのクリック単価(CPC)の確認
  • キーワードのトレンド分析
  • 新しいキーワードの発見
  • 地域別、デバイス別の検索ボリューム解析

Googleキーワードプランナーを利用すると、効率よくキーワード戦略を立てられます。広告グループやキャンペーンの提案、キーワードリストの作成と管理、競合他社のキーワード戦略の分析もできます。Googleキーワードプランナーを活用すれば、精度の高いSEO対策や広告運用が可能です。

Ahrefs

Ahrefsは、サイトやキーワードを詳しく分析できます。Ahrefsの「サイトエクスプローラー」を使うと、自分のサイトの弱点を把握でき、どのキーワードに注力すべきかが明確になります

「キーワードエクスプローラー」では、ターゲットキーワードの検索ボリュームや競合状況を確認することが可能です。メイントピックとサブトピックを見つけるのに役立ちます。

「コンテンツギャップ分析」を使うと、取りこぼしているキーワードを発見可能です。「バックリンク分析」を活用すれば、競合サイトのリンクを分析して自分のサイト改善に役立てられます。SEO対策を効率的に行えるだけでなく、競合他社よりも優位に立てます。

Semrush

Semrushには、サイトのパフォーマンスを全面的に改善させる機能が多いです。

Semrushは以下の機能が役立ちます。

  • キーワードリサーチツール
  • 競合分析ツール
  • サイト監査ツール
  • バックリンク分析ツール
  • ランキングトラッキングツール
  • ソーシャルメディア管理ツール
  • コンテンツマーケティングツール
  • PPC広告管理ツール
  • トラフィック分析ツール
  • レポート作成機能
  • 自動化機能
  • インサイト提供
  • カスタマーサポート

Semrushを活用すれば、競合他社より優位になり、WEBサイトのトラフィックを増やせます。キーワードリサーチや競合分析に効果的です。

トピッククラスターのよくある質問

トピッククラスターのよくある質問を紹介します。トピッククラスターを作成する際の参考にしてください。

  • キーワードクラスターとは?
  • ピラーページと内部リンクの関係は?
  • トピッククラスターを始めるタイミングはいつがベスト?
  • トピッククラスターを行う際の注意点は?

キーワードクラスターとは?

キーワードクラスターは、複数の関連キーワードを1つのグループにまとめたものです。テーマに関するキーワードを整理し、サイト全体のテーマを強化する手法です。トピッククラスターの一部で、検索エンジンに関連性を示す役割を担います。

キーワードクラスターを用いると、コンテンツの網羅性が高まり、検索意図を満たしやすいです。ダイエットサイトの場合「ダイエット法」「食事制限」「エクササイズ」などの関連キーワードを1つのクラスターにまとめます。クラスターにまとめれば、ユーザーが求める情報を1記事で提供できます。

キーワードクラスターは内部リンクにも効果的です。関連するページ同士をリンクで結びつけると、サイトの構造が整理され、検索エンジンへの信頼性が高まります。

キーワードクラスターを用いると、効率良くキーワードの調査が可能です。関連キーワードをグループ化し、どのキーワードに注力すべきか明確になります。より効果的なコンテンツ作成が可能で、サイト全体のパフォーマンス向上にもつながるでしょう。

ピラーページと内部リンクの関係は?

ピラーページはサイト全体の信頼性や権威性を高めるための中心的な役割を果たします。内部リンクは、 ピラーページを支える役割です。内部リンクを配置する理由は、ユーザーがサイト内をスムーズに移動できるようにするためです。ピラーページからクラスターページへリンクすれば、関連する情報を簡単に見つけられます。

ピラーページから内部リンクをすると、以下の効果が期待できます。

  • ユーザーエクスペリエンスの向上
  • 検索エンジンに対してサイト構造を明確に伝える
  • 検索エンジンからの評価の向上

内部リンクが適切に配置されれば、検索エンジンはサイト全体の構造を理解しやすいです。サイトの評価が向上し、検索結果で上位に表示されやすくなります。アンカーテキストは、関連性の高いキーワードを使用してください。関連性の高いキーワードの使用は、ユーザーと検索エンジンの両方にとって利便性が高まります。

ピラーページと内部リンクは、ユーザーエクスペリエンスの向上とSEO効果の向上の2つの目的を達成するのに重要です。適切に活用すれば、サイト全体のパフォーマンスが大きく向上します。

トピッククラスターを始めるタイミングはいつがベスト?

トピッククラスターを始めるタイミングは、サイト全体のコンテンツが明確になったときです。各クラスター内でのテーマが一貫し、効果的にSEO対策を進められます。新しいWEBサイトを立ち上げる際や既存サイトのトラフィックが停滞しているときも良いタイミングです

トピッククラスターを使うと、情報構造が整理され、検索エンジンからの評価も向上します。トラフィックの増加も期待できます。キーワード調査が完了し、関連するコンテンツが多数ある場合を考えてください。トピッククラスターを始めると、効率的にコンテンツを作成でき、分かりやすいサイト構造にできます

競合サイトがトピッククラスターを取り入れている場合、同じ手法で競争力を高められます。トピッククラスターはユーザーエクスペリエンスの向上や、新しい商品プロモーションの計画にも有効です。コンテンツ更新のペースを向上させたいときも、検索エンジンからの評価が高まりやすくなるのでおすすめです。

トピッククラスターを行う際の注意点は?

トピッククラスターを利用する際は、キーワード選定を慎重に行います。キーワードはトピッククラスター全体の基盤です。適切なキーワードを選定すれば検索結果で上位に表示されやすくなります。競合サイトがどんなキーワードを使用しているか、どのようなコンテンツを提供しているかを分析し、自サイトの戦略をより効果的なものにします。

高品質なコンテンツを作成し、価値ある情報を提供してください。高品質なコンテンツは、滞在時間が延び、検索エンジンからの評価も高まります。内部リンクを適切に配置すれば、クローラビリティが向上し、ユーザーの利便性も増します。

コンテンツは定期的に見直して更新すると良いです。新しい情報やトレンドを扱い、常に最新の情報を提供し続けます。テーマがぶれると、読者や検索エンジンへの信頼性が低下します。読者のニーズを常に意識し、検索エンジンのアルゴリズムを把握してください。

モバイルユーザーの増加に対応するため、モバイルフレンドリーなデザインにします。モバイルユーザーにとって使いやすいデザインは、より多くのアクセスを集められます。効果測定やデータ分析をして、状況を確認すると良いです。必要に応じて改善を続け、トピッククラスターの効果を高めていきます。
» Googleアナリティクスの設定方法から使い方まで解説!

まとめ

トピッククラスターは、SEO対策で大きな効果が期待できます。サイトの構造が整理され、情報の網羅性が高まるからです。ピラーページとクラスターページを適切に設計し、内部リンクを効果的に配置します。トピッククラスターを効果的に行えば、検索エンジンの評価が向上しやすくなります。

トピッククラスターは以下の3つの構成です。

  • ピラーページ
  • クラスターページ
  • 内部リンク

ロングテールSEOとの相性も良く、カニバリゼーションを防げ、トラフィックの増加にもつながります。トピッククラスターのポイントを押さえて、競合サイトに差をつけ、検索結果で上位表示を目指してください。