【内部リンクとは?】SEOに効果的な方法4選と最適化のコツを解説

【内部リンクとは?】SEOに効果的な方法4選と最適化のコツを解説

内部リンクでは、以下の悩みを抱えている方が多いです。

  • 内部リンクって何?
  • 内部リンクをどう活用すればいいの?
  • SEOにどう影響するのか知りたい

間違った内部リンクの使い方をすると、SEOの効果が薄れてしまい、検索順位に悪影響を及ぼします。この記事では、内部リンクの基本から、SEOに効果的な方法、注意点などを解説します。

ユーザーや検索エンジンにわかりやすいサイト構造にするには、関連性の高いコンテンツへ適切に内部リンクを貼ることが重要です。SEO効果も期待できます。

この記事を参考に内部リンクを貼れば、ユーザーや検索エンジンにとって使いやすいサイトに変わります。検索順位を上げて、サイトの訪問者数やコンバージョン率の向上を目指してください。

内部リンクとは同じドメインで他のページにリンクを貼ること

同一ドメイン内で他のページにリンクを貼るのが内部リンクです。内部リンクは、WEBサイトのナビゲーションやユーザーエクスペリエンスを向上させるのに重要です。クローラーがサイト内を効率的に巡回し、ページの関連性を理解すればサイト全体の評価を高められます。

ユーザーは、内部リンクをたどって興味のあるコンテンツへ容易にアクセス可能です。容易にアクセスできれば、サイトの滞在時間や閲覧ページ数を増やせます。内部リンクはSEO効果を高めるのにとても重要です。
» SEO対策とは?やり方を徹底解説

内部リンクと外部リンクの違い

内部リンクと外部リンクの違いを以下にまとめました。

内部リンク同じドメイン内のページへリンク。サイト内のナビゲーションを助け、ユーザーが他のページに移動しやすくなる
外部リンク異なるドメインのページへリンク。他のサイトへの参照や信頼性の向上に役立つ。

上記以外に、内部リンクはクローラーがサイト全体を理解するのを助ける働きもあります。ユーザーの滞在時間を延ばし、サイトの構造とページ間の関連性を高めると効果的です。
» 被リンクとは?獲得方法を解説

内部リンクのSEO効果

内部リンクにより、クローラビリティやユーザーの利便性が向上し、検索順位で上位表示されやすくなります

内部リンクで得られるSEO効果は以下の4つです。

  • クローラビリティの向上
  • ユーザーの利便性向上
  • ページ同士の関連性強化
  • サイト全体の評価向上

クローラビリティの向上

クローラビリティの高いサイトは検索エンジンのボットがスムーズにクロールでき、多くのページがインデックスされやすいです。検索結果に表示される機会が増え、ユーザーのアクセスが期待できます。

クローラビリティの向上は、サイトマップの作成がおすすめです。サイトマップは検索エンジンに、各ページの位置を伝える役割があります。サイトマップを作成すれば、新しいページや更新されたページをクローラーが素早く発見できます

内部リンクで関連ページ同士を繋いでください。内部リンクにより、検索エンジンはサイト全体の構造を理解します。内部リンクを適切に配置して、クローラビリティだけでなく、ユーザーの利便性も向上します。

分かりやすく整理されたURLは、検索エンジンが理解しやすいです。分かりやすいURL構造は、ページのクロールを促進します。ページが存在しない「404エラー」は、クロールできずSEOに悪影響です。定期的にクロールエラーをチェックし、修正してクローラビリティの向上に努めます。
» インデックスされない原因と対処法

ユーザーの利便性向上

ユーザーの利便性が向上すると関連するページを簡単に見つけることができます。欲しい情報にすぐにたどり着けるため、満足度や回遊率が向上します。内部リンクを適切に配置すれば、興味のあるページへ訪問可能です。ユーザーが興味のあるページへ次々と訪問すれば、サイト全体の閲覧ページ数が増えます。

内部リンクを使うと、ユーザーは直感的にどのページを見ればよいかがわかります。内部リンクを充実させれば、ユーザーが多くのページを閲覧可能です。多くのページを閲覧すれば、滞在時間が増え、検索エンジンの評価に良い影響を与えます。

分かりやすい内部リンク構造は、再訪問の可能性が高まります。

ページ同士の関連性強化

ページ同士の関連性が強化されると、検索エンジンもサイトの構造やコンテンツを理解しやすいです。関連するキーワードを含むアンカーテキストを使用して、ページの内容を明確にできます。「SEO対策の詳細はこちら」をリンクとして使うのがおすすめです。検索エンジンはリンク先がSEOに関する情報だと判断します。

トピッククラスターを形成して関連する記事間でリンクを貼るのも効果的です。同じテーマやカテゴリーの記事をリンクすると、検索エンジンはページが関連していると理解します。ユーザーも関連情報にアクセスしやすく、利便性が向上します。

カテゴリーページ等で関連ページを集約し、リンクを貼るのも有効です。テーマごとに整理されたリンクは、全体のサイト構造が分かりやすいです。

リンク先のページが関連性の高いコンテンツなら、自然な形でリンクさせます。ユーザーが他の関連ページにアクセスしやすいように導線を作ってください。
» トピッククラスターとは?構成要素と作り方を解説!

サイト全体の評価向上

内部リンクを配置すると、検索エンジンはサイト構造を理解しやすく、評価が上がります。内部リンクによって各ページの評価が分散され、特定のページだけ評価されるのを防げます。内部リンクを充実させて、ユーザーの滞在時間を延ばすのがおすすめです。

ユーザーが長く滞在すれば、検索エンジンはサイトの価値が高いと判断します。適切に内部リンクを配置すると、ユーザーが興味を持った関連情報へすぐにアクセス可能です。分かりやすい内部リンクで、サイト内を巡回する時間が長くなります。

検索エンジンボットが効率よくクロールできるよう、内部リンクを適切に配置してください。ボットが各ページを順調に訪れると、新しいページや更新されたページが速やかにインデックスされます。サイト全体の評価が安定して向上します。

サイト全体の専門性や信頼性を向上させるなら、関連するコンテンツ同士を内部リンクで繋ぐと効果的です。ユーザーは次々と関連する情報を見つけられるので、サイトへの信頼感が増します。ユーザーエクスペリエンスを上げるには、内部リンクを適切に配置するのがおすすめです。

内部リンクを最適化する方法

内部リンクを最適化する方法を理解すれば、多くのSEO効果が期待できます。

内部リンクを最適化する方法は以下です。

  • URLの正規化
  • 重要なページへのリンクの集約
  • 関連性の高いコンテンツへのリンク
  • アンカーテキストの最適化
  • 画像リンクのalt属性設定

URLの正規化

同じコンテンツ内に複数のURLが存在すると、検索エンジンが別々のページとして認識します。別々のページとして認識するとページの評価が分散し、検索順位が低下します。検索順位の低下を防ぐためにURLの正規化がおすすめです。

URLの正規化は以下のとおりです。

  • 同一コンテンツに対する複数URLの統一
  • リダイレクト設定の最適化
  • 一貫性のあるURL構造の維持
  • 相対URLではなく絶対URLの使用
  • HTTPSへの統一
  • wwwと非wwwの統一
  • 大文字小文字の区別を統一
  • URL末尾のスラッシュの統一
  • URLパラメータの適切な管理
  • Canonicalタグの設定

URLの正規化をすれば、検索エンジンがページを正確に認識し評価します。

重要なページへのリンクの集約

重要なページへリンクを集めれば、サイト全体の評価が上がります。リンクを集約するとクローラビリティが向上するので、ユーザーが必要な情報にアクセスしやすいです。サイト内で最も重要なページに多くのリンクを集めると、検索結果で順位が上昇する可能性が高いです。

関連性の高いコンテンツへのリンク

関連性の高いコンテンツへリンクを配置すると、ユーザーが興味を持っている情報へスムーズにアクセスできます。滞在時間が延び、サイト全体の評価が上がります。記事内で触れたトピックや関連情報へリンクを配置してください。ユーザーは必要な情報を効率良く探せます。

関連性の高いコンテンツへリンクを配置すると、ページ同士の関連性が強化され、クローラビリティも向上します。検索エンジンからの評価も高まり、SEOに好影響です。

アンカーテキストの最適化

アンカーテキストはリンク先の内容を検索エンジンに伝えます。アンカーテキストに関連するキーワードを含めてください。リンク先のページがキーワードに関連するコンテンツであると検索エンジンが認識します。

リンク先が「SEO対策の方法」を説明するページなら「ここをクリック」ではなく「SEO対策の方法を知る」などのアンカーテキストがおすすめです。検索エンジンがリンク先ページを適切に評価します。

ユーザーもアンカーテキストが具体的だと分かりやすいため、クリックする可能性が高いです。他のページも見れば、サイト内の回遊率が向上します。「料金プランを見る」というアンカーテキストなら、リンク先で「料金プランについて書かれている」と理解しやすくなります。

過度に最適化しすぎると不自然な印象を与えるので注意が必要です。過度なキーワードの使用と不自然な文脈は避けてください

画像リンクのalt属性設定

画像リンクのalt属性は検索エンジンが画像内容を理解する助けになります。画像の内容を簡潔に説明することが大切です。説明文により画像の内容を検索エンジンが認識します。商品画像の場合「青いシャツ」など具体的な説明を加えると効果的です。検索エンジンは画像の内容を正確に認識し、関連する検索結果に表示します。

SEO効果を高めるために、キーワードを自然に含めるのがおすすめです。過度にキーワードを詰め込まないよう注意してください。ユーザーが画像の文脈や役割を理解できるよう、説明は簡潔で分かりやすくします。同じalt属性を何度も使わないことも重要です。画像ファイル名もSEOに配慮すれば、検索順位に好影響です。

内部リンクの配置場所

内部リンクの配置場所を意識すれば、サイト全体が使いやすくなりSEOでも効果を発揮します。

内部リンクを配置する場所は以下のとおりです。

  • コンテンツ内
  • パンくずリスト
  • グローバルナビゲーション
  • サイドバー・フッター
  • HTML(サイトマップ)

コンテンツ内

コンテンツ内にリンクを配置すれば、ユーザーは関連する情報を簡単に見つけられます。サイト内のページを多く閲覧でき、滞在時間も長くなります。ブログ記事の中で関連する他の記事にリンクを配置すると効果的です。ユーザーは興味を持ったテーマについて深く理解できます。

コンテンツ内に内部リンクを配置すると、ユーザーの利便性が向上し、SEO効果も期待できるでしょう。

パンくずリスト

パンくずリストは、ユーザーが現在のページの位置を把握するのに役立ちます。検索エンジンのクローリング効率も向上し、SEO効果も期待できます。「ホーム > カテゴリ > 商品名」などの形式で表示するのが一般的です。パンくずリストを利用すると、ユーザーが簡単に前のページや上位のカテゴリに戻れます

グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーションは、サイト全体のアクセスを増やせます。サイトのトップに配置し、全ページからアクセスできるようにしてください。ユーザーがサイト内をスムーズに移動でき、主要なページへのリンクを含めると効果的です。

グローバルナビゲーションには、以下のリンクが配置されます。

  • ホームリンク
  • カテゴリーページリンク
  • お問い合わせリンク
  • サイト内検索ボックス
  • ログイン/ログアウトリンク
  • カートリンク(ECサイトの場合)
  • サイトロゴリンク

グローバルナビゲーションにリンクを配置すれば、ユーザーは必要な情報に素早くアクセスでき、サイト全体の使いやすさが向上します。検索エンジンのクローラーもサイト内部を効率的に巡回でき、SEO対策にもおすすめです。

サイドバー・フッター

サイドバーやフッターに内部リンクを配置すれば、ユーザーが必要な情報にアクセスできます。

サイドバーには以下のリンクを配置するのがおすすめです。

  • お問い合わせ
  • 人気の記事
  • 最新の記事
  • カテゴリリンク
  • アーカイブリンク

ユーザーが興味を持ったコンテンツにアクセスしやすくなり、サイト全体の評価向上に役立ちます。

フッターには以下のリンクを配置するのがおすすめです。

  • サイトマップ
  • ソーシャルメディアリンク
  • プライバシーポリシー
  • 会社情報
  • 利用規約

サイドバーやフッターに適切な内部リンクを配置すると、ユーザーの利便性が向上し、サイト全体のSEO効果が高まります。

サイトマップ

サイトマップを作成すると、ユーザーと検索エンジンの両方にサイトの全体像を明確に伝えられます。サイトマップにより、サイト全体のページをリスト化すれば、ユーザーが目的のページを見つけやすいです。

サイトマップを通して、検索エンジンのクローラーが効率的に巡回可能です。各ページのURLを一元管理可能です。サイト構造を可視化し、各ページのコンテンツの関連性を明らかにします。サイト構造が明確になり、検索エンジンのインデックスを促進させます。

サイトマップがあれば、サイトが使いやすくなっておすすめです。検索エンジンからの評価も高まります。サイト全体のSEO効果が向上し、検索結果で順位の上がる可能性が高いです。

内部リンクの注意点

内部リンクの注意点を知っておけば、ユーザビリティの低下やSEO対策でマイナスとなるのを防げます。

内部リンクの注意点は以下です。

  • 過剰なリンク配置を避ける
  • nofollowを適切に使う
  • リンク先の関連性を重視する

過剰なリンク配置を避ける

ユーザーエクスペリエンスとSEOの両方に悪影響を与えるため、過剰なリンク配置は避けてください。過剰なリンク配置はユーザーを混乱させます。多すぎるリンクは、どれが重要なのか判断が難しいです。ユーザーがサイトを離れてしまう原因になるので注意しましょう。

検索エンジンはリンクが多すぎるページをスパムとみなす可能性があります。検索順位が下がる可能性が高いです。ページの読み込み速度が遅くなる場合もあります。読み込み速度の低下は、ユーザーにとってもストレスとなり、SEOにも悪影響です。

ブログ記事に100以上の内部リンクを配置した場合、ユーザーはどれをクリックすれば良いか迷ってしまいます。ページの滞在時間が短くなり、直帰率が高くなります。SEO効果を高め、使いやすいサイトにするなら、過剰なリンクの配置は避けるのがおすすめです。

nofollowを適切に使う

SEO対策をするなら、nofollow属性を適切に使います。検索エンジンはサイトを評価する際に、リンクの質や信頼性を考慮します。リンク先のページが低品質なら、内部リンクにnofollowを付けると効果的です。

重要でないページや重複コンテンツへのリンクにnofollowを使用すると、クローラビリティを適切に制御できます。リンク先が信頼できないなら、nofollowを使えばサイト全体の信頼性を維持できます

使い方は以下のとおりです。

  • コメントセクション・ユーザー生成コンテンツ:意図しないリンクスパムからサイトを守れる
  • 広告やアフィリエイトリンク:検索エンジンからの評価を調整できる

サイトの内部リンクも、必要に応じてnofollowを活用してください。nofollowを活用すれば、サイト全体の評価を最適化できます。重要なページが検索エンジンから適切に評価され、SEOに効果的です。

リンク先の関連性を重視する

関連性の高いリンクはユーザーの信頼を得やすく、サイト全体の評価が上がりやすいです。「SEO対策」の記事なら「リンクビルディング」など関連性の高いコンテンツにリンクします。ユーザーはリンクをたどって詳しい情報を得られます。

関連のないリンクを配置すると、ユーザーの信頼を損ねる可能性があるため注意してください。「SEO対策」の記事で関係のない「料理レシピ」へのリンクがあると、ユーザーは混乱し、サイト全体の信頼性が低下します。関係のないリンクは避けるべきです。

リンク先の内容がユーザーのニーズに合っているかを確認し、関連性の高いリンクを配置することが重要です。

内部リンクのよくある質問

より効果的に内部リンクするためによくある質問を参考にしてください。

  • 内部リンクの数はどれくらいが適切?
  • 内部リンクの確認方法は?
  • ページ内リンクのSEO効果は?
  • 内部リンクの役割は?

内部リンクの数はどれくらいが適切?

内部リンクの数は100以下がおすすめです。ユーザーの使いやすさを考慮して配置します。ページの長さや内容に応じてリンク数を調整してください。短いページに多くのリンクを配置すると、使いにくいサイトになります。長いページに適切な数のリンクを配置すれば、関連情報に簡単にアクセスでき使いやすいです。

ユーザーの使いやすさを考慮して、適切な内部リンクの数を設定します。内部リンクの数が多過ぎると、ページの読み込み速度が遅くなります。適切なリンク数にして、自然に感じられるようにすることが重要です。

ユーザーの利便性を最優先に考え、内部リンクを適切な数にすればSEO対策にも効果を発揮します。

内部リンクの確認方法は?

内部リンクは、以下の方法で確認できます。

  • HTMLソースコード:ページのソースコードを直接見て、内部リンクの構造を把握する
  • Google Search Console:Googleがどのように内部リンクを認識しているかを確認できる
  • SEOツール:AhrefsやSEMrushなどの分析ツールを使う
  • ブラウザ拡張機能:Link Checkerなどの拡張機能をインストールする
  • サイトマップ:サイト内の全リンクが記載されている
  • CMSのリンク管理機能:WordPressやJoomlaなどは、内部リンク管理機能が備わっている

上記の方法で確認し、適切な数の内部リンクを配置するのがおすすめです。
» Googleアナリティクスの設定方法から使い方まで解説!
» GA4の画面の見方、基本的な使い方を解説!

ページ内リンクのSEO効果は?

ページ内リンクはユーザーエクスペリエンスを向上させ、検索エンジンの評価を上げるため、SEOに効果があります。ページ内リンクからユーザーが求める情報へ素早くアクセスできます。サイトの滞在時間が延びる可能性が高いです。滞在時間が長いと、検索エンジンはページが有益だと判断します。

ページ内リンクはクロール効率を改善します。クロール効率が改善すれば、サイト内の他のページがインデックスされやすいです。ページ内リンクはページの関連性とテーマを強くします。適切に配置すれば、狙ったキーワードの評価が向上し、検索順位が上がる可能性が高いです。

内部リンクの役割は?

内部リンクの役割は、以下のとおりです。

  • クロール効率の向上:クローラーがサイト内を巡回し、ページのインデックス化が促進される
  • ユーザーのアクセス向上:他の関連ページへ簡単に移動でき、サイト内の滞在時間が延びる
  • 高評価の拡大:リンク元とリンク先の評価が高くなり、サイト全体の評価も上がる

内部リンクはサイト全体をまとめ、関連するコンテンツをつなげます。内部リンクを配置すれば、ユーザーが使いやすくなり、SEOにも効果を発揮します

まとめ

内部リンクはSEO対策において非常に重要です。内部リンクを適切に配置すれば、クローラビリティが向上し、検索エンジンがサイト全体を理解しやすくなります。ユーザーの利便性も高まり、サイト内の回遊率が上がります。URLの正規化やアンカーテキストの最適化も意識してください。

内部リンクを配置する際、SEOに悪影響を与えるため、以下に注意が必要です。

  • 過剰なリンク配置を避ける
  • nofollowを適切に使う

内部リンクの役割を把握し、SEO対策にご活用ください。